旅行の知恵

楽天プレミアムカードはメリットがたくさん!向いている人はこんな人

楽天プレミアムカードは僕が最もおすすめしたいカードです。

もちろん向いている人、向いていない人があるけれど、条件に合えば最適なカードであると言えるはずです。

僕が考える、楽天プレミアムカードを持つべき人は

20代や30代の独身で海外に興味を持っている人

 

まずは、どんなカードなのか知ることから始めよう。

 

楽天プレミアムカードを手に入れよう

実は楽天カードには、たくさん種類があります。

代表的なものは、大きく分けて3種類

楽天カード
年会費無料の一般的なカード

楽天ゴールドカード
年会費が2160円かかる。
ポイント還元率が高い。

楽天プレミアムカード
年会費10,800円かかる。
楽天ゴールドカードの機能にプライオリティパスが付いてくる。

 

僕がおすすめしたいのは「楽天プレミアムカード」です。

年会費が高いのがすぐに目につくと思いますが、10,800円の元を取ることはさほど難しいことではありません。

また、楽天プレミアムカードをおすすめする理由をあげたいと思います。

 

プライオリティパスが付いてくる

楽天ゴールドカードとの最も大きな違いはプライオリティパスが付いてくることです

このプライオリティパスは、最上級クラスであるプレステージ会員になれてしまいます。

プライオリティパスは、数字では表せないお得さが魅力だと僕は思います。
一番の売りではないでしょうか。

 

プレステージ会員のプライオリティパス

普通に会員になると年会費429ドル!
日本円で5万円チョイくらいのものです。

利用回数に制限なし!
そのため、持っていればいつでも何回でも空港ラウンジを利用できてしまいます。

 

クレジットカードのゴールドカードが入れるカード系ラウンジではありません。

もう一つ上のラウンジであるVIPラウンジを利用できるのです。

航空会社が管理するラウンジで、ビジネスクラスやファーストクラスが入れるお部屋だったりします。

 

楽天ポイントがたまりやすい

ネットショッピングをするときの2大サービスと言えば、

  1. アマゾン
  2. 楽天

この二つです。

楽天を利用している人なら、楽天ポイントかなり使えるサービスです。

 

0と5の日はポイント5倍

楽天プレミアムカードになると、0と5のつく日に買うことでポイント5倍になります。

買うタイミングを合わせるだけで、かなりたまるようになります。

 

イベントやキャンペーンが多い

楽天ポイントはイベントやキャンペーンでポイントが増えることが多いです。

エントリーして、こまめにカードで支払いするようにすれば自然とポイントが増えていきます。

 

海外旅行保険がついてくる

海外旅行保険は自動付帯なので楽天プレミアムカードを持っているだけで、保険に加入していることになります。

この保険は若干弱く、通常の海外旅行保険の3割程度の補償なのでコレを本命にするのは不安です。

しかし、これは考え方次第です。

 

節約志向の人

3日程度の海外旅行の場合、保険をかけない人はたくさんいます。

  • 短期間だから大丈夫でしょ?と思う人
  • できるだけお金をかけたくない人

このタイプの人は必ずいます。
でも自動付帯なら保証は弱くても保険は効果を発揮してくれます。

僕もこのタイプで短期間ならカードの保険だけで行ってしまいます。

クレジットカードの保険は重複させることが可能です。

そのため、保険が付いているカードの枚数だけ上乗せすることが可能です。

僕の場合、自動付帯保険つきのカードと他のクレジットカードの利用付帯を使って保険を増強しています。

 

短期留学する人にもメリット

自動付帯の保険は90日効果があります。

そのため、保証は弱くても3カ月留学するような人にはメリットがあります。

長期間の海外旅行保険はかなりの金額になります。
自動付帯の保険が付いていることを加味すれば、安いほうのプランを選択することが可能になります。

 

海外旅行保険はこんなときに役立つ

海外旅行保険はクレジットカードの保険であっても、内容はほとんど同じです。

補償される金額が異なったり、例外として一部が対象にならないものがあるなどです。

  • 傷害治療保険費用
  • 疾病治療費用
  • 賠償責任
  • 携行品損害
  • 死亡(傷害)・後遺障害
  • 救援者費用

こんなについてくる

 

傷害治療保険費用

自動付帯:300万円

旅行中にケガをした時

 

疾病治療費用

自動付帯:300万

病気や伝染病にかかったりして、医者に見てもらったり、入院したり

 

賠償責任

自動付帯:3000万

旅行中に事故で他人にケガをさせたり、他人のものを破壊したときなどに利用できる保険です。

  • リュックをひっかけて商品を壊してしまったとき
  • お風呂のお湯を貯めながら眠ってしまい、下の階へ浸水させたとき
  • ルームキーをなくしたり、セキュリティボックスを壊したり

など、十分に使いどころがありそうです。

また、ポケットWi-Fiなどをレンタルしていたものを壊してしまったときにも保険が活用できます。
レンタルの際に保険をつける必要がなく、節約できちゃいます。

 

携行品損害

合計:50 万円(自動付帯:30 万円、 利用条件:20 万円)
※(1 点または 1 対あたり 10 万円限度、免責金額 3,000 円)

旅行に持っていったカメラや宝石、衣類などが盗難や破損、火災などの事故で損害を受けたときに使えます。

デジカメを落としたときを例にすると。

そのカメラの時価、または修理費が保険でもらえます
自己負担は3000円だけどものすごく助かりますね。

 

携行品損害については、海外旅行保険が付いているクレジットカードが複数枚あればすべて適用できる。

年会費無料のカードくらいは持っておくべきです。

 

パスポートを盗まれたとき

なんと、パスポートを海外で盗まれたりした場合にも役立ちます。

パスポートの再取得費用

(パスポートのお金、交通費、宿泊費も含む)

最大5万ですが、めちゃくちゃ手厚い!

 

非常事態の保険

残りの保険部分は本人が死んだときに支払われるもので、私たちが死んだ後の補償はあまり重要ではないと思う。

死んだ後の現世のことまで心配しなくていいだろう。

でも一応知っておこう

 

(傷害)死亡・後遺障害

合計:最高 5,000 万円
( 自動付帯:4,000 万円、利用条件:1,000 万円)

ケガで死亡したときに適用される保険で最高5000万円も!
しかし、病気で死亡した場合には出ない。

 

後遺障害の方がお役立ちだろう。

両目を失ったり、指を切断、耳が聞こえなくなった。

などが例に書いてある。
できれば考えたくない部分だが、非常に助かることになるだろう。

 

救援者費用

自動付帯:200 万円

本人が死んだとき、行方不明になったときに活用できる保険。

  • 捜索にかかる費用
  • 家族が飛んでくるための費用(飛行機代やホテル代)

などなど・・・
保険どころの心配ではない状況に活躍する保険。

もちろん本人が使う、使わないの選択肢なんかない状況の保険

 

 

トラベルデスクを使う時?

楽天プレミアムカードにはトラベルデスクが利用できる機能が付いています。

ニューヨーク・ホノルル・パリ・ミラノ・上海など世界38拠点の現地デスクがお客様の旅をサポートいたします。
サポートの内容は下記の通りです。

  • 現地の様々な情報のご紹介(都市・観光情報など)
  • 各種ご予約・手配(レストラン・オプショナルツアーのご予約など)
  • 緊急時の各種ご案内(パスポート・カード紛失盗難・病気やケガなど)

このようになっていますが、通常使う人はいないだろう。

僕は一度も使ったことなどないが、気になる部分は緊急時のご案内だろう。

 

パスポートやカードの紛失や盗難は海外ならば十分にあり得るし、病気やケガも確率は高い。

もしものために、トラベルデスクの存在を覚えておいてもいいだろう。

だって、僕ならパスポートなくしたら、まず何したらいいのかわかりません。

 

 

カード盗難保険ついてます

楽天プレミアムカードにはカード盗難保険が付いています。

例えば、カードを落としたり、財布と一緒に盗まれた場合にカードを勝手に使われてしまった場合などに、手続きを行えば損失を補ってもらえるというものです。

 

僕の体験

これは僕がカード盗難保険があって助かった例です。

僕は友人たちと温泉旅行に行き、旅館に泊まりました。
帰りにカウンターでお支払いをしようと思ったのですが、財布の中にクレジットカードが一枚もありません。

「ん?・・・なぜ?」

 

このときは気が付きませんでしたが、僕は盗難にあったのです。

 

盗難と気が付いたのは、楽天のサービスデスクから電話が来た時です。

「キャッシングが30万円行われましたが、利用されましたか?」

もちろん引き出していません。
血の気が引く感覚を忘れません。

 

いつやられたのか思い返してみました。

 

記憶回想中

みんなで温泉に入りにいくため、支度をしましたが、友人が金庫に自分の財布を入れてロックしたまま先に行ってしまいました。

僕は仕方なくカバンに財布を入れて、お風呂へと追いかけていきました。
もちろん、部屋の鍵はかけてあります。

部屋に戻ったとき、鍵はかかっていたし、財布もありました。

 

このようなことから、従業員に盗まれたと予想しています。

 

保険で救われた

僕はカード盗難による不正利用にあったのですが、保険で補てんされたので30万円払わされることはありませんでした。

残念なのはカードの再発行手数料を1000円ほど取られたことですが、この程度で済んで安心しました。

 

カードを財布ごと盗まれたり、落とすといったことは事故よりも高い確率で遭遇します。
特に海外に行くと日本人は狙われやすく、財布を失うことは珍しくありません。

保険、大切!

 

楽天プレミアムカードが向いている人

楽天プレミアムカードの最大の売りはプライオリティパスです。
これが欲しくてこのカードを選択すると言えます。

年会費が10,800円でプライオリティパスをパスを持てるのは貴重です。

そのため、海外旅行に行く人や留学を考えている人

 

独身の人
家族カードなどの機能はありますが、家族向けのサービスは整っていないので。

 

収入が高くない人に向いています。

海外旅行保険は年会費が高いカードになるほど、保証は厚くなります。
お金を払えば厚くなるのは当然です。

楽天プレミアムカードは、他のゴールドカードと比べれば分厚い補償ではないものの「海外旅行保険」はかなり節約効果と安心をもたらします。

 

まとめると、楽天プレミアムカードを持つべき人は

20代や30代の独身で海外に興味を持っている人

 

-旅行の知恵

© 2021 35歳で勇者に転職