旅行の知恵

中部国際空港から自宅へ荷物を送る方法【セントレア】

飛行機に乗るときに「空港までスーツケースを持って行くのが苦痛」と感じたことはあるだろう。

スーツケースは荷物として切り離せないがどうしても必要なものだ。

 

空港は飛行機の離発着の騒音があるのでどうしても市街地から遠く、電車やバスなどを使って向かう必要があり、普段は気にならなかったエレベーターやエスカレーターの便利さを感じます。

 

知っているだろうか?

スーツケースなどの荷物を空港まで運んでくれたり、帰りも自宅まで宅配してくれるサービスというものが存在する。

これを利用すれば自宅からスーツケースだけを空港に送り、本人は身軽な状態で向かうことができる。

また、飛行機の時間によっては本人は会社から直接空港に向かい、スーツケースを空港で受け取るという方法も取れる。

 

帰りもお土産などで重くなったスーツケースを空港から自宅に送ることができれば、疲れた状態にさらに鞭を打つ必要がなくって快適に帰ることができる。

 

自宅から空港へ荷物を送る

空港宅配サービスとは

自宅や勤務先などから空港へスーツケースやゴルフバッグ、段ボールなどいろいろと配達してくれるサービスです。

 

step
1
予約

スマホで予約

あらかじめ予約しておくことで、取りに来てもらう日を決めることができるので、パッキングを済ませておきます。

 

step
2
集荷

集荷

自宅や会社などに直接取りに来てもらえるので、指定日に荷物を用意しておくだけ。

ただし、少なくとも出発の2~3日前には渡す必要がある。

 

step
3
受取

空港に到着したら伝票を渡すことでスーツケースなどの荷物を受け取ることができます。

あとは空港の出発カウンターへ向かうだけ!

 

 

中部国際空港で利用できる宅配サービス

セントレアに宅配サービスのカウンターがあるのは2社だけとなっている。

  • JAL ABC
  • ヤマト運輸

 

JAL ABC

JALが空港で運営しているサービスカウンターのようなものでいろいろなサービスが提供されている。

  • 宅配
  • レンタル
  • 荷物の預かりサービス

中部国際空港はこの3つのサービスが利用できるが、この中の宅配サービスを利用することでスーツケースを送ることができる。

東海エリアから160サイズ(スーツケースなど)

2,730円となっている。

ABC宅配料金表

 

手ぶら宅配サービス

利用する飛行機がJALの場合には、そのまま荷物を目的地の空港で受け取ることができるサービスもある。

手数料として220円がプラスかかってしまうが、チェックインカウンターで荷物を預ける必要がなくスムーズである。

 

ABC手ぶら宅配サービス

 

ポイント

JAL手ぶら宅配サービス

JMB会員:マイレージをためている人なら、コチラから予約することでマイレージがたまっちゃう。

 

ヤマト運輸

空港宅急便というサービスがあるのでインターネットでヤマト運輸のホームページから予約します。

最も大きいサイズで2,730円となっている。

東海エリアから発送した場合です。

 

クロネコメンバーズ

送り状が不要になったり、割引やお届け完了メールが受け取れるので便利です。

あらかじめ登録しておくと楽かも!

 

詳しくは公式ホームページ:クロネコメンバーズ

 

 

受取場所

セントレア3Fロビー図

 

中部国際空港3Fの出発ロビー

国際線チェックインカウンターCの前

ヤマト運輸カウンターで受け取ることができる。

 

提携しているのでヤマトもJALどちらを利用してもここで受け取ることになる。

 

中部国際空港から自宅へ送る

帰国した際の荷物が最も苦痛を感じるだろう。

手荷物としてお土産を持っていることもあるし、スーツケースにお土産が詰まっているので行きよりも重くなっているだろう。

そのうえ旅の疲労からさらに重く感じてしまう。

 

荷物を減らしたい気持ちになるそんな時に便利なのが空港宅配です。

空港の受付から自宅や会社などに配送してもらえる。

 

宅配サービスの場所

到着口のすぐ横に設置されているので、スーツケースを受け取って検疫を超えて出ればすぐに見つけることができる。

ヤマト運輸もJAL ABCも受付カウンターは共用です。

緑の看板にお馴染みの黒猫マークが目印です。

 

帰国時は予約がいらない

帰りの荷物を送る場合には予約する必要がないので、利用したいと思ったときにそのままカウンターに行けば荷物を送ることができる。

梱包用の資材やダンボールも販売されているので手持ちの土産物もここから発送できそうだ!

往復で予約するとちょっとだけ割引してもらえる。

 

 

JAL ABC

当日配達も午前11時までにカウンターに預けることができれば可能となる!

早朝便で帰国したときになんかに便利。

ただし、東海エリアの一部地域となっているので確認しておこう。

 

当日発送の場合は17時まで受け付けできれば、配達は翌日以降となるが当日に回収してもらえる。

 

 

スマートReが便利

事前住所登録のウェブサイトがあり、あらかじめ登録しておくと手書きで伝票を書く必要がなく、スマホからバーコードを提示するだけで手続きが済んでしまう。

そのうえ100円割引のサービスが受けられる。

登録しておいて損はないだろう。

 

ヤマト運輸

ヤマト運輸で送る際も価格設定は同じになっている。

会員サービスを使うと割引に差がでるのでどちらかを選ぶといいだろう。

 

これといって気にしていない人はどちらでもそれほど差はない。

 

おすすめの方法

空港宅配サービスは結構高いので利用することがないように感じますが、クレジットカードに付帯されているサービスを使うことでグッと敷居が下がります。

手荷物無料宅配サービスというものがあり、上記のサービスを無料で利用できてしまいます。

 

年会費が高いクレジットカードでよく提供されているのですが、僕はひとつだけおすすめできるカードがあります。

 

セゾンブルーカード・アメックスカード

空港の手荷物宅配サービスは年会費が高いカードでないと使えないサービスですが、このカードだけ年会費がやたら安いというのがの魅力と言えます。

 

年会費が安い

年会費が3,300円(税込)

26歳までは年会費無料

 

空港手荷物宅配サービス

帰りの荷物だけですが、空港からスーツケースを自宅に送ってしまうことができます。

帰りだけですが無料でスーツケース1個!

 

年間に利用制限なく何度でも利用できちゃいます。

空港に送る場合は割引ができるけど100円程度。

 

その他にも

  • 年会費が安いのに海外旅行保険が自動で付いてくる。
  • 永久不滅ポイントがたまる
  • エクスペディアの割引がいつも使える

海外旅行保険がカード利用しなくても付いてくる自動付帯であること。

永久不滅ポイントはポイントサイトを経由すれば簡単にたまるし、このカードで支払いしなくてもポイントをためることができます。

ポイントはJALやANAなどのマイレージが微妙に足りないときに交換したりもできる。

密かにエクスペディアの割引クーポンが物凄く役立つ。

 

セゾンブルー・アメックスカードを年会費がかかるのに僕が使う理由

案外便利なカードなので僕はコレをずっと使っています。

 

詳しくはコチラ

 

-旅行の知恵
-

© 2021 35歳で勇者に転職