旅行の知恵

国際線の液体物リストを作ってみた!何を機内に持ち込むべきなのか?

国際線の機内に持ち込むことができる液体には制限があります。

そのため何を持って行くべきなのか悩むところです。

僕の液体物を写真と共にリストにしてみました。

 

大体の人がこの装備で問題なく旅行できると思います。

 

国際線の液体物持ち込みルール

テロ行為の防止のために飛行機の機内への液体物の持ち込みは厳しいルールがあります。

ちゃんとルール内に収めないと保安検査でゴミ箱行きになります。

没収されたものは帰ってこないし、預かってもくれない。

 

100ml以下の容器に入れること

すべての液体物は100ml以下の容器に入れないとダメです。

中身の量ではなく容器のサイズです。

「150ml容器に100ml入っている」というのはアウトです。

 

ジップロックMに入り切る

  1. 縦横の辺の合計が40cm以内
  2. 袋は透明で封が何度でもできるプラスチック袋

ジップロックだと言っているようなものです。

上記の容器をジップロックに入れて、ちゃんと口が閉まるように収納することが必須となります。

 

ジップロックMサイズがちょうど規定通りと言えるサイズでひとり一袋だけ持ち込めます。

ちなみに、容量が1リットル以下じゃなきゃダメなので

マチ付きはダメ

ということになります。

 

僕の機内持ち込み液体リスト

袋に詰めてみると意外と入るのだが、余裕とは言えない。

機内持ち込みの液体は厳選する必要がありそうだ。

これは僕の場合だが、男性でも多いほうと言える。

旅の準備のリストとして4つに分けてみました。

 

シャワーセット

  • シャンプー 30ml
  • コンディショナー 30ml
  • ボディソープ 50ml

髪の長さで使用量が変わってきますが、男性なら旅行に必要な全量を入れておいても足りるんじゃないでしょうか?

海外ではシャンプーの質が悪かったり、シャワーの水が硬水のためミネラルがたっぷりの地域もあります。

ミネラルが多い水で髪を洗うとバシバシになるので、愛用のシャンプーセットはあった方が気持ちいいと言えます。

 

女性の場合

旅行の日数が多いと確実に足りないのでスーツケースなどにシャンプー類を入れておきましょう。

あくまで、空港ラウンジでシャワー室を使ったり、ロストバゲージ対策用なので試供品でもいいかもしれません!

 

スキンケア用品

  • 化粧水
  • 保湿クリームやジェル
  • 日焼け止め
  • スパチュラ

トライアルセットのスキンケア用品は旅行にも使えます。

中身が分かりやすく、一週間程度使うことができるようになっているので非常に便利です。

 

試供品もおすすめ

試供品を1回分づつ袋に入れておくと便利です。

2、3セット程度あればロストバゲージのときでもとりあえずつなぐことができます。

 

もちろん、すべて試供品で旅行をしてしまうのも良い方法です。

使うほど荷物が減って軽くなるし、忘れてくることもない。

 

コンタクトレンズケア用品

コンタクトレンズケア用品は医薬品扱いのため、液体物として入れなくても済むが申告が必要になってくる。

確実に手間なので液体物として入れておくのをおすすめする。

 

短期のフライトでもロストバゲージ対策として入れておくこと。

レンズケア用品は代わりを見つけることが困難だから。

 

その他

僕の場合は、リステリンと歯みがき粉、ハンドクリームを入れました。

歯みがき粉も液体物なので袋に入れる必要があります。

僕は調味料入れに移しています。

小さくてそのまま捨てれるからです。

 

ハンドクリームも液体扱いです。

100均で買ったシリコンチューブに入れております。

液状の物は向いていませんが、粘度の高いものを入れるのにおすすめです。

 

人によって必要なものが違ってくると思います。

  • シェービングジェル
  • ヘアジェル
  • 制汗用のロールオン

などなど

 

女性の場合

女性の場合、化粧品があるのでかなり苦労する人もいるかもしれません。

化粧品の多くのモノが液体扱いになるので、必要となるスペースを確保するため機内に持ち込むものは厳選する必要があるだろう。

 

水分があるものは液体と言えるため、クリームやゲル状も液体となる。

マスカラなんかも含まれる。

メイク用品として別にジップロックに入れておかなければならない。

 

液体にならないものもある

ファンデーションや口紅やリップは固体扱いとなる。

また、ウェットティッシュのように染み込ませてあるものは、液体扱いにならないのでシートタイプのメイク落としなんかは別にしておいて問題ない。

 

それいらなくない?

短期の旅行なので液体物入れにそれは必要ないのでは?

そうと思われるものもあったと思いますが、これは非常事態に備えて念のためにいれています。

 

非常事態とは

非常事態とは自分のうっかりミスや回避不可能なトラブルの時に訪れます。

もはや運といっても良いのですが、海外旅行ではよくあることとも言えます。

そのため備えは確実に必要です。

 

ロストバゲージ:スーツケースがなくなった

これは誤って別の飛行機に乗せられて飛んで行ってしまったとき。

スーツケースが盗まれてしまったとき

 

飛行機が飛ばないとき

空港まで来たが天候不良で欠航となったとき、スーツケースを預けてしまった場合には取り出せません。

天候不良で欠航になったので空港のベンチで寝たりしました。

 

 

飛行機に乗り損ねたとき

受付を済ませて荷物を預けて、長い待機時間を過ごして飛行機を待っていると油断してしまうことがあります。

  • フライト時間を間違えて認識している。
  • フライトの便を間違えて待っていた。

人間は思い込むと呼び出しされていても自分じゃないと思ってしまうものです。

こういったときに飛行機に乗れません。

 

寝過ごし注意!

まれにですが、搭乗口の手前まで来てベンチで寝てしまい飛行機に乗り損ねる人がいます。

起きて気が付くだろ!と思いますが大体こういう人は酒を飲んでいます。

そのため、起きないので飛行機に乗り損ねたりします。

 

シャワーセットはいらないんじゃ?

シャワー室

これについては旅程やその人によっていらない場合があります。

  • 空港によってはシャワーが使えるところ
  • 空港ラウンジを利用する場合
  • 空港ホテルを数時間利用する

などといったシーンがあります。

こういった場所にはシャンプー&ボディジェルといったものが置かれています。

これは一体型ボトルのことで、頭も体もそのまま洗えるモノですがさすがに髪がきしみます。

女性なら確実に受けれ難いと思いますが、気にならない人は荷物を減らすことも可能です!

 

まとめ

僕の液体物リスト

シャワーセット

  • シャンプー
  • コンディショナー
  • ボディソープ

スキンケア

  • 化粧水
  • 保湿ジェル
  • 日焼け止め
  • 洗顔料

コンタクトレンズケア

  • 洗浄保存液
  • レンズケース

その他

  • ハンドクリーム
  • 歯みがき粉
  • マウスウォッシュ

-旅行の知恵

© 2021 35歳で勇者に転職