旅行の知恵

海外旅行での貴重品の管理!上手なリスクの分散法

海外旅行に行った際には、私たちは日本円の入った財布を持って、渡航先の通貨も所持することになります。

また、その管理についても考える必要があります。

 

 

日本人は盗難に合いやすい?

日本人が海外で盗難に合うことは良くあることです。

なぜなら狙いやすく、カモにしやすいという理由があるからです。

 

日本人はお金を持っていると思われている

海外では日本は裕福なイメージがあるため、旅行している人は間違いなくお金を持っている人と見られています。

また実際に裕福であり、なのでハズレがない。

場合によっては中国人かもしれないけど、どっちにしろお金を持っている。

こういった考え方であると言えます。

 

目立つ持ち物

海外では一般人はブランド品のバッグなどを使う時というのは特別な機会に限られています。

しかし、日本人はブランドのバッグなどを日常使いとして持って歩いています。

これは狙っている側からすると、お金がありますとアピールしているようなものです。

 

警戒心が弱い

日本人は平和すぎる生活のせいで盗まれることへの警戒心が少なすぎる。

例えば、話しかけられたスキに他の人が盗む。

バッグにナイフで切れ目を入れて財布を抜かれたりですね。

どういった手口で盗みが行われるかの知識もないため狙われやすい。

 

 

お金を失うような状況

  • スリに盗まれる
  • ホテルの清掃係に盗まれる
  • ホテルのクロークで盗まれる
  • 飛行機から出てきたスーツケースから貴重品を抜かれる
  • スーツケースごと盗まれる
  • 強盗に出会ってしまう
  • ひったくりにあう
  • 置き引き

このようにお金を失うような機会はたくさんあって、自分の努力では防げないものもあります。

どんな人でも盗難に合う可能性があると言えます。

もはや運といってもいいでしょう。

 

だからリスクを分散させよう!

海外でお金を失うのは非常に困った状況になることは容易に想像ができると思います。

お金はひとつにまとめないで、いくつかに分割しておくようにしましょう!

 

セーフティボックス

最も基本のセーフティボックスですが、通常の価格程度のホテルなら部屋に小さな金庫が設置されています。

盗難を避けるためにも積極的に利用しましょう。

  • 日本円が入ったお財布
  • 両替した現地通貨
  • 使わないときにはパスポート

こういったものは金庫に入れておくようにしましょう。

スーツケースなどに保管するのは良くありません。

 

朝食の際やコンビニに行く場合など短時間でもめんどくさがらずに必ず利用することが大切です。

部屋の鍵をかけておいても侵入されて盗まれることはあります。

注意

セーフティボックスに財布やパスポートを忘れるといったことは良く聞く話です。

気をつけるようにしましょう。

 

ポケットにお金を入れる

日本だとポケットにそのままお札を入れるというのは、どうなの?と思ってしまうでしょう。

しかし、ポケットにお金を入れておくのは財布を見られる機会を減らす目的があります。

もちろんこんな風にはみ出して入れておくわけじゃない。

マネークリップなどで挟んで入れておこう。

 

見られている

海外で財布を出していると悪い人に見れている場合があり、どこに財布をしまったのかなど知られると狙われちゃう可能性があります。

ちょっとしたお買い物に便利なので少額のお札をポケットに突っ込んでおきましょう。

 

メリット

こういったときにとっさに出せる方が良いでしょう。

  • チップを払う時
  • 強盗にあったとき

どちらもまごまごしているとタイミングを失います。

 

 

小銭入れはおすすめ

支払いの時に他国のコインを見分けるのは時間がかかります。

小銭入れを用意して財布の露出時間を減らしましょう。

 

ポーチやサコッシュに入れよう

カバンやリュックはスリなどに非常に狙われやすい保管場所です。

お金や貴重品など大切なモノはポーチやサコッシュに入れちゃいましょう。

 

まる見えにするとひったくられたり、集団スリにやられるので必ず服の下に装備しましょう。

 

おすすめはセキュリポ

セキュリティーポーチというやつです。

薄いポーチで身体にピッタリと密着させて所持します。

 

強盗の際にもばれないので、お金やスマホ、パスポートなどを入れておくと安心です。

スキミング防止機能もあるためクレジットカードも安心です。

また、金庫にパスポートを忘れるといったことがなくなる側面もありますね!

 

海外旅行の貴重品はセキュリティポーチがおすすめ【セキュリポ】

 

リュックやカバンに鍵をつける

タブレットやモバイルバッテリー、カメラなど重かったり、かさばるものはリュックなどに入れて持ち運びますが、カバンの中身は狙われやすので、ジッパーを開けられないようにしたいものです。

 

100均の南京錠がおすすめ

しょぼいので防犯力は弱いですが、重要なのはターゲットにされないことです。

鍵が付いていてめんどくさそうだな

と思ってもらうためにつけるので100円で十分です。

 

また、軽いので何個もつけれるし安い!

自分で番号を忘れてしまった際に、破壊できる可能性があります。

 

ワイヤーロックもあると良い

最初はこんなものいらないかな?と思いましたし、どんな時に使えばいいかわかりませんでした。

使い方としては、机やイスなんかにカバンをつなげて持ち去られるのを防止することができます。

レストランなんかでお役立ちです。

67g程度なのでおすすめです。

 

まとめ

海外で現金、スマホ、クレジットカードをなくした場合、自分のホテルに帰ることも難しい状況が訪れます。

そうならないためにも貴重品はいつでもリスクを分散させておきましょう。

  1. 貴重品は基本的にホテルの金庫に入れて管理
  2. 大きい貴重品はリュックやカバンに入れて鍵を
  3. サコッシュやセキュリティーポーチにお金を入れる
  4. 小銭入れもあると便利

このようにリスクを分散するように持って歩きましょう!

 

今回のおすすめ

created by Rinker
STORUS(ストラス)
¥3,280 (2021/06/23 15:42:15時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
LiberFlyer
¥1,888 (2021/06/23 19:21:37時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
バッファロー
¥1,273 (2021/06/23 12:46:30時点 Amazon調べ-詳細)

 

-旅行の知恵

© 2021 35歳で勇者に転職