おすすめ持ち物

レインシューズカバー体験!折り畳み傘と一緒にカバンに入れたい雨具

折り畳み傘を探していたら偶然見つけてしまいました。

シューズカバーなるものを!

なんとシリコンでできたデカい靴下のようなもので、スニーカーなどの履物を雨から守ってくれるというもの。

意外にもたくさんの見つけることができましたが、その中から一つ買ってみました。

 

レインシューズカバー

 

こんなものいつからあったのでしょうか?

全く知りませんでしたし、僕のまわりでコレを使っている人は見たことがありませんでした。

さっそく使ってみた。

 

装着してみました

シリコンでできたこの靴下のようなカバーですが、ゴムほど伸びるわけではありません。

そのため無理やり履いたら壊れることが予想できます。

シリコンらしい伸び具合の中で履く作業を行いました。

製造元の履き方は靴下のように手繰り寄せて履くとなっています。

僕は、履くときは裏返してつま先からかぶせるように履いてもいいと思います。

また、履いたままの方が安定して装着できそうです。

 

シューズカバーを脱ぐときは裏返して脱げば簡単に外せます。

このとき靴を脱いだ方が作業しやすいですね。

 

歩き心地

靴に対しても伸縮性があるためフィットします。

カポカポと中で浮いてしまうようなことはありません。

 

また、カバーの中で靴が滑るということもありませんでした!

恐らく走っても問題ないでしょう。

 

長靴と違ってスニーカーの歩きやすさのまま、防水性能を得られるのは非常に大きいです。

 

色んなスニーカーを試してみた

スニーカーはメーカーによって若干作りが違います。

様々なタイプを突っ込んでみました。

条件はコチラ

  • シューズカバー=Lサイズ
  • スニーカー=26.5cm

検証してみました。

 

検証1:通常のスニーカー

ソールが分厚くないタイプのニューバランスのスニーカーです。

幅広でもなくよくある一般的なデザイン。

 

問題なく入りますし、履いた時に窮屈ということもありません。

クリアタイプを買いましたが、思ったよりも透けないですね。

 

検証2:ソールが厚いタイプのスニーカー

スケッチャーズによくあるちょっとソールが分厚くて、横にも広がっているタイプの靴。

柔らかソールとシリコンの摩擦が大きいので、履くときにがすべりが悪くて若干苦労しました。

しかし、入ってしまえばしっかりとフィットして問題ありません。

 

検証3:ハイカットのスニーカー

ハイカットのソールが厚いタイプですが、全く問題なく使うことができました。

ハイカット全体を雨から守ることができるので、これはありがたいですね。

 

シューズカバーの底面

折り畳んで収納するため真ん中にはすべり止めはありません。

全体的にはしっかりとすべり止めがあるのでさほど問題はないと思います。

また、ふにゃふにゃではないので歩けばしっかりとグリップ力が生まれます。

 

必ず汚れる運命

見てわかるように使って歩けば汚れてしまいます。

汚れは色によって目立ち具合が違ってくるので、気になる人は汚れを想定してカラーを選ぶようにしましょう。

 

汚れた靴のまま履くので内側は汚れますし、歩くので外側は泥汚れがついてしまうし濡れています。

そのため、脱いだ後は収納する袋が必要です。

 

スライダー式の収納袋付き

収納袋は付いていましたが、これは保存用ではなく梱包用と思われます。

密封性はありません。

 

泥水や汚水がカバンなどで漏れるといけないので、収納はジップロックの袋がおすすめですね。

汚れたら交換できますし、信頼できますから。

 

重さ:225g

スマホよりは重たいですが、ポケットに入れて歩くわけでも、手で運ぶわけではないので気になりません。

また、足につけてしまえば馬力があるので、重くなったことはほとんどわかりません。

歩きまわっても疲れないと思われます。

 

また、持ち運びには軽いほど良いのですが、シューズカバーについては異なってきます。

素材全てがシリコンなので軽い製品を選ぶほど薄くなります。

 

答え:軽い製品ほど耐久力が落ちる

と考えて間違いないでしょう。

 

耐久力

悲しい・・・とても悲しい。

雨の日に仕事で履いてみたが、ド田舎なので杉の木の枝が落ちており、踏んだ時に右足に絡まって左足に刺さってしまった。

そうそうあり得ないトラブルでシューズカバーデビュー戦で穴を開けてしまった。

自らのまぬけ具合に悔しさを感じた。

 

穴が空く要因

履いた状態は常にシリコンは引っ張られて伸びている。

いくら丈夫でも、この状態で尖ったものに強くぶつかると穴が空く。

 

だが、穴から裂けてしまうようなことはなかった。

穴が空いても最低限のダメージで済むだろう。

 

使うべき場面

向いてないシーン

使ってわかったが、アウトドアで使うべきではない。

やはり折れた木の枝なんかには弱い。

キャンプや山道では木の枝を避けることは不可能。

 

使うなら町の中で!

旅行や通勤など街中で使えば簡単に破れることはないと思う。

当然、看板や建物の角など、ぶつけたりひっかけたりと強い力がかかれば穴は空く。

これは仕方ないこと。

 

まとめ

シューズカバーは弱点もあるが非常に便利なアイテムです。

特に持ち運びに便利なので

旅行に持って行くべきおすすめアイテム

として僕の中に登録されました。

 

もっと蒸れてしまうかと思ったけどそんなこともなかった。

 

尖ったものには弱いけど普通に歩いていて壊れたりはしません。

折り畳み傘と一緒に持ち歩きたいと思います。

 

225gでした。

 

 

-おすすめ持ち物
-

© 2021 35歳で勇者に転職