旅行の知恵

リュックはナイロン製?ナイロンの特性や弱点を知っておこう!

リュックを探して検索しまくってみたら、リュックの素材はナイロンとポリエステルのどちらかであることがわかった。

しかし、違いがわからなくてどれを買うべきか判断できずにいる。

ちょっとナイロンについて調べてみた。

 

ナイロンとは

石油から作られており、ポリアミドという合成樹脂を繊維にしたものをナイロンと言います。

ナイロンとは商標名で、アメリカのデュポン社が発明した世界最初の合成繊維です。

 

ポリアミドの一種がナイロンです。

ヨーロッパではポリアミドとタグなどには表記されています。

 

ナイロンは強度でいうとポリエステルよりも強固な素材なのである。

とても使い勝手がいいので多くの製品に使われています。

 

使われる商品例

カッパ

ウインドブレーカー

スキーウェア

水着

釣り糸

コストでいうとナイロンの方が高くなってしまう。

 

ナイロンの強さ

これまでの天然繊維よりはるかに強度があり、ひっかきや引っ張りなどに対して強い!

  • ひっかき
  • ひっぱり
  • こすれ

などに対しても強いうえに軽い。

弾力があってある程度の伸びもあります。

耐寒性もあるので、ものすごく寒いところでも強度が落ちたりしません、

 

折り曲げにも強い

折り曲げにも強いという特徴があります。

繰り返して折り曲げても大丈夫!ということは、型崩れしにくくて、シワになりにくいという形で現れてきます。

 

摩擦に強い

人間は歩いたり、走ったりと動くことで衣類のどの部分かは必ずこすれています。

こういった摩擦は劣化の原因となります。

 

ナイロンの生地は表面が硬いので、擦れなどの摩擦に対しても綿の10倍の強度がある。

そのため衣類によく使われたり、リュックや手袋などアウトドア用品でも活躍する。

動き回ったり、洗濯してて擦れたぐらいで劣化しないのだ!

 

ちなみにポリエステルよりも強い。

 

伸縮性に優れている

釣りに行った時のリールに巻かれている糸はナイロンです。

なぜなら、ナイロンは非常に強いうえに伸縮性や弾力があるので、急に強い力で魚が引っ張っても伸びがあるので衝撃を吸収して切れるのを防いでくれる。

バッグや衣類になったときにも伸縮性や弾力は強さにつながります。

 

ナイロンは繊維としてポリエステルよりも伸縮性がある。

 

 

油や薬剤にも強い

私たちの生活の中には意外と様々な薬品があふれています。

ナイロンはアルカリ性の薬品にも強く、高濃度でなければ劣化するようなことはありません。

アルコールやガソリン、ベンゼンがかかっても溶けたりしない。

海水にも強い。

 

だだし、後ほど詳しくお伝えするが一部例外がある。

ちょっと酸に弱いのだ。

 

カビや虫にも強い

化学繊維ということもあり、カビが生えたり、虫が食ったりすることはない。

そのため生分解されることはほとんどない。

 

防虫カバーをかけないで

防虫カバーには袋の透明度を保つために酸化防止剤が添加されています。

ナイロンはコレが原因で袋に触れていた部分が黄色く変色したりします。

袋に入れなくても虫が食ったりしません。

 

軽い

綿や麻よりも遥かに軽く、ポリエステルよりも軽い。

ナイロンは丈夫な上に軽いのだ。

カバンやリュックにも最適と言える。

 

お洗濯できる

 

ナイロンは洗濯しても大丈夫です。

アルカリ耐性があるため、弱アルカリ性の洗剤を使うこともできます。

 

気をつけるポイントは洗濯するコースです。

ナイロンの生地はとても強いですが、縫製やその他のパーツへのダメージを考えると手洗いやソフトモードで行うようにしましょう。

 

重要なのは乾燥

化学繊維の中では熱に強いほうですが、乾燥機やアイロンはよくありません。

変形する可能性があるので避けましょう。

 

だからといって天日に干すと紫外線によって日焼けして、生地が黄色っぽく変色してしまう。

陰干しするようにしましょう。

 

難燃性:燃えにくい

 

燃えにくい特性があるため、火の粉が飛んだくらいで引火するというようなことはありません。

しかし、暖炉やストーブ、ヒーター、たき火などは気をつけたい。

 

燃えないわけではなく、炎を触れさせると溶けながら徐々に燃える。

難燃性なので炎を離すと徐々に消化していく。

 

毛の焦げたような独特な匂いがする。

くっさい・・・

 

燃えた後は冷えると硬いガラス玉のようになる。

間違いなく見た目が悪くなりますね。

 

ナイロンの弱点

ナイロンは非常に強いけれど、劣化するような状況も存在します。

自然に劣化するわけではなく、私たちの行動によって劣化する原因が生まれると言えるかも。

 

化学薬品による劣化

薬品にかなり強いナイロンですが、若干苦手なのが

  • 酸化剤

これらの薬品がついたまま放置すると強度が落ちる可能性があります。

10%程度強度が弱くなる程度ですが、気をつけたいですね。

 

次亜塩素酸ナトリウム

衣類用漂白剤なんかで知られているハイターは6%の濃度があります。

水にチョロっと入れて使いますが、ナイロンは「使えないもの」に入っています。

 

殺菌したい人もいるかもしれないけど、塩素系漂白剤は相性が悪い。

 

 

0.3%程度の過酸化水素

過酸化水素なんて接する機会がないと思ったけどありました。

コンタクトレンズケア用品の中和が必要なタイプ

  • コンセプト
  • クリアケア

もし、これらをリュック内でこぼしたまま気がつかなかったら、その部分は劣化してしまうということですね。

しかも3%ほどあるので生地に良くない。

コンタクトレンズ使用者は気をつけたい。

 

紫外線による劣化

ナイロンは紫外線に弱い特性があります。

長時間日光にさらされるなどした場合、強度が低下したり、黄色く変色します。

 

汚れや洗剤残りが付着していると、その部分は紫外線と反応しやすいので、汚れたらキレイに洗ってしっかりすすぎするようにしましょう。

 

熱よる劣化

残念ながら熱に弱い側面があります。

ポリエステルは熱に強いので、ナイロンとの差はココにありますね。

 

乾燥機にかけることはできない。

変形や強度が低下するからやめましょう。

 

アイロンもかけないようにしましょう。

もともと、ハリのある素材だから必要ないと思いますが、劣化しますよ。

ドライヤーをかけて乾かすこともやめておきましょう。

 

洗った後に一気に乾燥したい気持ちはわかりますが、ナイロンは繊維の吸水性はそれほどないので陰干しでも速乾性があります。

 

まとめ

軽くてむちゃくちゃ強いナイロンはバッグやリュックなどにもぴったりの素材です。

一部の薬品と熱に気をつけるだけで使い勝手は抜群です。

 

やはり迷うのはポリエステルと比較したときじゃないでしょうか?

どちらもかなり似た部分がある素材です。

タバコを吸う人はナイロンにすべきですね。

 

軽さも強度もナイロンの方がありますが、ポリエステルが勝る部分もあります。

それはまた今度。

 

-旅行の知恵

© 2021 35歳で勇者に転職