生活

フィリピンのネット環境!速さや使い勝手などをお伝え

アジアの国々はものすごい速さで経済発展が起こっており、日々様変わりしています。

このようにテレビでも言われていますが、すべてがそのように変化しているわけではありません。

フィリピンのような発展途上国と言われる国に行くと、先進国とは違った文明の変化に出会うことができます。

 

例えば・・・

スマホが普及していながらも、洗濯板で洗濯をするような光景を目にすることができます。

ある部分では最先端を行きながらも、他の部分は立ち遅れていたり、時間の流れが違うところも面白さのひとつかもしれません。

 

ネット環境について知ろう

私たち現代人にとってスマホは、情報ツールとしてなくてはならない存在になりました。

ですがアジアの国に行くと、多くの場合インフラの整備が立ち遅れています。

そのため、Simフリーのスマホに差し込むために、Simカードを購入することもあるでしょう。

 

 

 

SImカードの購入方法

フィリピンでネット環境を利用するには2つの方法があります。

  • カフェなどのWi-Fi
  • SIMカードを買う

モバイルWi-Fiなどを持って行くにしても、スマホを使うにしてもSIMカードが必要となります。

フィリピンではSimカードを購入することはかなり簡単で、ほとんどどこでも買えます。

 

デパートが安心じゃないでしょうか?

フィリピンでは有名なデパートSMにいく。
(SMとはフィリピンでいうイオンみたいな感じ。中もとってもきれい。日本を感じでしまう。)

携帯売り場でSIMカードを探して買いましょう。

 

Simフリーのスマホ

この地点で大切なのはSIMフリーのスマホを持っているかです。

これがないと話になりませんが、現地で買えないこともありませんが品質は低いです。

買ってみるのも旅の思い出にはなります。

 

僕は日本から持参しましたが、のちのち本当に良かったと思いました。

最近はSIMフリーのスマホが当たり前となっているので心配はないでしょう。

 

 

SIMカード買ってみた

フィリピンでは下記の3つが有名な回線です。

  1. SMART
  2. SUN
  3. GLOBE

フィリピン留学で暮らした学校は、首都マニラから130kmほど離れた田舎町です。

 

かなり田舎なので選択肢は「GLOBE」と「SMART」の二択だったので入手しやすいほうをゲット!

グローブさんになりました。

 

プランはいろいろとありますが、日本人なら間違いなく速度が最も早いモノをセレクトするはずです。

 

僕も例外なくしっかりと

4Gが使え、インターネット使い放題というプラン

を選択しました。LTEなんて書いてあったりします。

ちゃんとネット環境は存在しています。

 

現実はかけ離れている

実際には4Gという速度は、都心部なら可能なのかもしれませんが、ほとんどの場合理論上の数値になっています。

使ってみると実際にはインターネットはろくに使えない

少し郊外?にでれば、絶えず3G回線になります。

 

3Gとは?

GはGeneration(世代)なので、3世代ということです。

日本ではドコモのFOMAと言われていた通信技術です。

このころの携帯は二つ折りのモノです。

 

通信速度は今とは比較になりません。

遅すぎるので、携帯専用のホームページ程度しか見ることができません。

 

実際に使った感想

さて、実際にスマホにSimを差し込んで使ってみましたが、フィリピンではLTEや4Gを使えると言いながらそれは建前です。

非常に不便でびっくりしました。

 

アップデートができない

僕はiPhoneを使っていたので、度々システムアップデートが必要になります。

日本ならば寝ている間に済んでしまうようなことですが、回線が不安定なのと、速度が遅すぎでアップデートすることはできません。

スマホが使えません。
非常に困りました。

 

スカイプが不安定

家族との連絡にスカイプを使う人もいるかもしれません。

相手の顔を見ながら、会話を楽しむことができるのが魅力ですが、回線が遅すぎて、映像を交換し合うと遅延したり、落ちたりしてしまいます。

音声だけの通話なら可能(ギリギリ)です。

 

ネットサーフィンはできません

回線が遅すぎて、スマホは実力を発揮することはできません。

ホームページを見たり、マンガを読んだり、調べものをしたりと色々したかったのですが、不可能です。

3G回線というのは、テキストメッセージを送ったり、通話をするための技術です。

ネット環境には耐えられない。

 

フィリピンでネット環境を得るには

この地点でわかると思いますが、Simカードを刺して

「アンリミテッドインターネットプラン」(4G使い放題プラン)

を利用する意味はさほどありません。

ですがline程度は利用できるので、やはり買っておくべきだとは思います。

 

ホームページも「軽いモノなら時間をかければ表示されます」程度で調べものはできません。

 

ですが、通常はネット環境が必要な場合には、カフェなどに行ってWi-Fiを利用しましょう。

そうすれば調べものや旅の予約なども可能です。

カフェに行った際には店員さんに

「パスワードを教えてください。」と伝えれば利用可能です。

 

まとめ

アジアの国などはインフラ整備が追い付いていないため、ネット環境に不便を感じることもあるでしょう。

多くの国がすごい速度で変化を遂げていることや、どの国でもカフェに行けばWi-Fiで何とかなります。

フィリピンですら例外ではありません。

 

覚えておくべきことがあるとすれば・・・

雨が降ると通信が不安定になり、電波が入らないことがある。

Wi-Fiは多くの人が一度に利用するとめちゃくちゃ遅くなる。

人数無限ではないからです。

 

もし、快適なネット環境が必要になったときには、人気のないカフェを狙うようにしましょう。

  • 現地人には価格が高い
  • 店舗の立地が悪い

などと言ったカフェが狙い目です。

 

-生活

© 2021 35歳で勇者に転職