おすすめ持ち物

海外旅行に持って行きたいおすすめモバイルバッテリー!【タイプ別】

この時代はIT化がどんどん進んでいるので、海外旅行に行ったとしても私たちはスマホやタブレットを手放すことができません。

旅行のお供としてスマホやタブレットは欠かせないアイテムです。

最近は省電力やバッテリーのサイズが大きくなり、長持ちするようになりました。

 

モバイルバッテリーの必要性

モバイルバッテリーとは持ち運びできる充電器のことです。

僕は海外旅行では必須のアイテムのひとつと考えています。

 

モバイルWi-Fiのおともに

国が変わればスマホはそのままの状態だと使うことができません。

そのため海外旅行では、モバイルWi-Fiをレンタルして使用する人も多いでしょう。

 

しかし、Wi-Fiで通信を続けることは通常よりも電池が早くなくなります。

当然モバイルWi-Fiの電池が切れても、スマホはオフラインになってしまいます。

 

バーコードやQRコード

海外では日本よりも地球環境に対して関心があります、

そのため、ペーパーレス化が進んでいます。

 

例えばイタリアに行ったときですが、

  • 電車の切符
  • バスのチケット
  • 博物館や美術館
  • 文化財への入館チケット

これらは印刷したバーコードかスマートフォンの画面でバーコードを提示することで利用が可能です。

しかし!スマホの電池切れたらチケットがあっても使うことはできません。

 

地図アプリの使用頻度が高い

グーグルマップを見る人

地図アプリは非常に便利です。

僕はグーグルマップをよく使いますが、海外であっても電車やバスの乗り換えまで教えてくれます。

特にバスは乗るバスの番号まで教えてくれてすごく助かります。

 

旅行は見知らぬ土地に立っているので目的地まで地図アプリを使い、帰りもホテルまで地図アプリを頼りにしています。

もし、スマホの電池が切れたら、危機的状況が発生すると思われます。

 

 

こんなモバイルバッテリーを持って行こう!

モバイルバッテリーがあれば旅行のときに充電ができるので、心の余裕が全く違います!

必ず持って行くべきです。

 

モバイルバッテリーは安いものから軽い物、重いけど容量たっぷりのものなど、めちゃくちゃいっぱい売られています。

この中から選ぶのは一苦労です。

  • どんなバッテリーが旅行に向いているのか?
  • 自分ならどれを買うか?

を考えてみました。

 

モバイルバッテリーを決める基準

これらがポイントだと思います。

  • バッテリー容量
  • 重さ
  • 信頼性

 

バッテリー容量

スマホの電池は容量をmAhという単位で表しています。

数字が多いほど電池が長持ちです。

 

最近のスマホは最低でも3000mAhぐらいの容量があるので、コレが充電できるだけのバッテリー容量を持つものを選びましょう。

 

容量=”充電できる量” ではない?

注意すべき点は、バッテリーからスマホに充電する際にエネルギー損失が起こります。

そのため、電気を100%スマホに入れることができません。

充電できるのはバッテリー容量の70%くらいと考えましょう。

 

バッテリー容量充電できる量
5,000mAh3,000~3,500mAh程度
10,000mAh6,000~7,000mAh程度

また、モバイルバッテリーは使うほど劣化していくので、充電できる容量が減っていくという特性がある。

 

軽さが大切

旅行では軽さは非常に大事です。

重いから置いて行こうかな・・・と思ってしまっては意味がないと思います。

ゆえにとにかく軽い物を選びたいものです。

 

モバイルバッテリーは品質によって、容量は同じでも重さはメーカーで大きく違います。

重さをちゃんと確認してから購入すべきです!

 

信頼できるメーカー

信頼できるとはすなわち安全性です。

粗悪なバッテリーは壊れたり、過度に発熱したり、最悪の場合には発火したりするのでちゃんとしたものを選びたい!

「バッテリーから火が出て飛行機が戻ってしまう」など最悪の展開です。

旅行には信頼性の高い物を持つのが快適な旅の要素です。

 

高品質な製品を作っているメーカーを選ぶようにしましょう!

あまりに安いバッテリーは気をつけましょう

価格は品質に直接関係があります。

安いということは安くするための理由があります。

  • 安い材料を使っている
  • 安全装置を減らす
  • 安全よりもコストダウン重視の設計

 

小型軽量スティックタイプ

小型のモバイルバッテリーは軽くて持っていても苦痛がないのが特徴です。

充電容量は多くありませんが、いざという時に充電することができるのは非常に心強いです。

 

モバイルバッテリー持って行かないつもりだった人におすすめ。

価格も安い!

 

Anker PowerCore 5000

created by Rinker
Anker
¥1,899 (2021/06/24 01:09:01時点 Amazon調べ-詳細)

コンパクトで大容量で132g程度なので軽いし、カバンに入れておきたいバッテリーです。

micro-USBケーブルが付属です。

 

cheero Power Plus 5

四角いアルミボディでとてもコンパクト!

残量がデジタル表示なのは嬉しい。

急速充電可能で2つ同時充電もできる。

 

 

 

カード型

カバンやリュックなど隙間に入れてしまえるのがこのタイプの魅力です。

邪魔にならず、スマホに重ねて持つことも可能です。

 

Anker PowerCore 5000 with Built-in USB-C Cable

7.5mm程度の厚さでスマホに重ねて使いやすい設計です。

USB-Cケーブルが内蔵されているので忘れてしまうこともない。

 

Cheero Slim 5000

薄くて軽い、カラーバリエーションも可愛い。

意外にも充電速度が早いのが魅力!

 

 

 

 

ケーブル内蔵 カード型

バッテリー本体にケーブルが内蔵されているので、ケーブルを忘れたり、紛失したりする心配がない!

本体だけ出せばすぐに充電できる使い勝手の良さが魅力です。

 

ケーブル2本内臓・3台同時充電

大容量で3台同時充電も可能なので非常に便利!

若干の重さはあるが他の付属物を持たなくていいなら、コチラの方が軽い?

 

【omkuy】3ケーブル内臓 電源プラグ付き 10,000 mAh

created by Rinker
OMKUY
¥3,880 (2021/06/23 13:26:43時点 Amazon調べ-詳細)

これはかなりの便利さ!

充電器を持って行かなくていい。

最大で4台同時に充電可能という使い勝手。

 

 

ちょうどいいサイズ:10000 mAh

安い・容量多い・高品質!

とてもバランスが良くておすすめ!

 

Anker PowerCore 10000

180g程度で容量もたっぷりで充電速度も速いのでバランスが良い。

迷ったらコレでいいと思う。

 

cheero Power Plus 5 10000mAh

重さは205gでアンカーよりも重たいが、2台同時充電できる。

さらにバッテリー残量がデジタル表示される。

 

 

コンセント一体型モバイルバッテリー

モバイルバッテリー本体に折りたたみのプラグが付いているので、充電器を持って行かずに済みます。

 

Anker PowerCore Fusion 5000
(189g)

旅行中に充電器として使えるうえに、そのまま持って出ればバッテリーとして使えちゃう。

信頼性の高いモバイルバッテリーだ!

 

JOBSON モバイルバッテリー 5,000 mAh
(169g)

スマホと本体を同時に充電できて、モバイルバッテリーとして使っても十分な速さがある。

価格も安いのでバランスがいい。

 

 

まとめ

私たちの身の回りにはデジタル機器が増えて、旅行に持って行きたいものがたくさん出てきました。

どれも電力がないと使えないものばかり。

モバイルバッテリーはどんどん進化して小さくてパワフルになっています。

旅行にひとつは持っておいても損はないですし、普段使いもできちゃいます。

 

品質や性能が良いものをおすすめとして探し回ってみました。

自分好みのモバイルバッテリーを見つけましょう!

-おすすめ持ち物
-

© 2021 35歳で勇者に転職