楽天

楽天カードはマスターカードが最適!国際ブランドの選び方と理由

クレジットカードを作るときには多くの場合、国際ブランドを選択する必要があります。

この信販会社の選択は意外と重要で、後で変更することができません。

 

楽天プレミアムカードを作るなら4つの中から決めておかなければいけません。

  1. VISA(ビザ)
  2. MasterCard(マスターカード)
  3. JCB(ジェーシービー)
  4. American Express(略:アメックス)

それぞれの信販会社に特徴がありますが、変更したい場合にはカードを解約して、新たに作り直すという手間がかかってしまいます。

 

マスターカードが最適

結論から言えばマスターカードが最適と言えます。

マスターカードはVISAに次いで世界的に有名な国際ブランドです。

VISAかマスターなら世界中ほとんどの場所で使えます。

ヨーロッパ方面に強いイメージがあり、お店やレストランなどVISAかマスターなら大体行けるという印象を受けます。

 

クレジットカード決済を行うブランドは、近年では安全面においてほとんど差がないので、私たちが選ぶべき判断基準は使いやすさやサービスなどになってきます。

それぞれの特徴からマスターカードにするべき理由がわかります。

 

 

VISA(ビザ)

シェアが最も多い国際ブランドであり、知名度も抜群です。

そのため、使用できる国や地域が多く、様々な店舗で使うことができます。

アメリカなどではほとんどの場所で使うことができるでしょう。

 

そのためクレジットカードを作る際の選択肢には、ほとんどの場合VISAが入ってきます。

 

あえてVISAじゃないカード

クレジットカードは盗難や紛失、認証されないときなどあるので複数枚所有する必要があります。

シェアナンバーワンのVISAは作成する際にはほとんどのクレジットカードで選択できます。

 

それゆえに、逆にVISAしか選択できないクレジットカードなんかもあります。

 

VISAのマークのクレジットカードが認証されないときに、他のカードもVISAでした。ではトラブルを回避することができません。

 

クレジットカードの国際ブランドはそれぞれの特徴を生かすためや、クレジットカードごとに違うものにしておくのがベストです。

 

そのため楽天カードではマスターカードを選択しましょう。

 

例えば:エスポカード

年会費無料で海外旅行保険が自動付帯してくれる。

海外旅行に行くなら持っておいた方がお得なカードですが、VISAだけしか選べません。

 

こういったクレジットカードを持つために、

あえてVISAを外す」というのをおすすめします。

 

 

JCB

日本生まれの国際ブランドです。

国内では圧倒的に強く、加盟店が多いのでほとんどの場合使うことができるだろう。

日本人がよく行く海外旅行先では、優遇されたサービスを受けることができます。

  • ハワイ
  • 韓国
  • 台湾
  • グアム

などトラベルデスクがあったり、JCBマークのカードがあればハワイで無料でトロリーに乗れたりと、一枚あると非常に便利。

 

ココがイマイチ

世界的な取引件数のシェアは1%ほどなので超マイナーと言える。

海外旅行に行くと若干弱く、アジアでは使える方だがヨーロッパでは全く使えない

楽天カードをメインとして使う場合を考えると不便すぎる。

 

American Express

アメックスと言えばこのセンチュリオン(百人隊長)ロゴでお馴染み。

アメリカンエキスプレスは会員のための充実したサービス

American Express Conectを提供しています。

Webサイトを見てもらうと様々なサービスや特典を調べることができます。

 

American Expressの魅力

ステータス性が高く、なんとなくお金持ちなワンランク上の印象を与える。

海外ではクレジットカードは身分証とも言える側面があります。

支払い能力が一定以上あることの証明でもあるため、海外で使用する際には良くわからないクレジットカードよりもアメックスのイラストの方が印象が良いと言えます。

 

海外ではステータス性や身なりで扱いやサービスが変化するなど、お客に合わせて態度を変えてくることがあります。

たかがクレジットカードの見た目ですが侮れません。

 

アメリカンエクスプレスは自社デザインカードが発行されており、見た目にもステータス性があるのでわざわざ楽天カードであるメリットはありません。

 

日本では使い勝手がいい

日本ではJCBと提携しているので、JCBが使えるところはアメックスも使えます。

海外でも日本人に人気の観光地ではJCBがかなり食い込んでいるので、アメックスも使えちゃいます。

 

海外での使い勝手がもうちょっと欲しい

実際に海外で使える国の数や店舗数は少なめで、僕の印象としてはヨーロッパだと

「10件中3件使えるかな?」

程度なのでどこでも役に立つとは言えない。

 

だが、他とは違った様々なサービスや特典を受けられるメリットがあるため、1枚あってもいいと思います。

年会費がかかるが僕は1枚持っています。

 

MasterCardを選ぼう

VISAとMasterCardは最近では使い勝手はほとんど変わりがありません。

どちらもステータス性などはないので、どっちでも良いということになります。

VISAは他のカードで作るとして、楽天カードはマスタカードで作るといいでしょう。

 

アメリカンエクスプレスもあのイラストが乗っているカードにするか、航空会社が発行するクレジットカードの時などに選択するといいでしょう。

 

 

おすすめは楽天プレミアムカード

年会費はかかってしまうが、楽天グループを利用する人だったら簡単に年会費は回収することができるし、ポイントの入り方が全く違うのですごくたまる。

最大のメリットはプライオリティパスが無料で付いてい来ること。

もうこれだけで持つ価値がある。

 

-楽天

© 2021 35歳で勇者に転職