旅行の知恵

予約の際に知っておきたいホテルの朝食の違い!どこが違うのか?

ホテルの予約をすると朝食が付いていることがありますよね?

詳細画面で確認するとブレックファストには種類があることに気が付きます。

  • コンチネンタル
  • アメリカン
  • フルブレックファスト(イングリッシュ)

これらの違いわからなくないですか?

僕は朝食をしっかり食べたいので、朝食の種類もホテル選びの際に重要なポイントになっています。

 

コンチネンタルブレックファスト

Continental Breakfast

「大陸式の朝食」という意味なのですが、ここで言う大陸はヨーロッパ大陸。

 

基本的にシンプルな朝食で、火を通した料理や温かい料理はつかない

そのためハムやチーズなどが用意されて、

パンにてバターやジャムをつけるのだ。

 

あとはフルーツやヨーグルトを見つけられるだろう。

シリアルにフルーツを入れて楽しめる。

 

日本人からするとちょっとガッカリ朝食がコンチネンタルブレックファストだ。

温かいのはコーヒーと紅茶くらいである。

これがコンチネンタル。

 

アメリカンブレックファスト

American breakfast

コンチネンタルに温かい料理がプラスされたもの。

ベーコンやソーセージなどの肉類が提供されます。

他にも卵料理や温野菜など。

 

コンチネンタルよりもしっかりと食べれて満足感が得られる。

 

フルブレックファスト

昔は1日2食の習慣だったことなどから、お昼ごはんは食べませんでした。

そのため次の食事まで長いので、「頑張る一日のスタート」として品数は多くて、ボリュームがある朝食が出されました。

特徴としては、ペストなどが流行した当時の衛生環境などから「食材に火を通した料理」が多く見られます。

スライストマトにまで火を通します。
もちろんレストランで違いはありますが、フルブレックファストでは温かい料理が食べられます。

 

イギリスから始まった伝統的な朝食

フルブレックファストはひとつの朝食を言うのではありません。

 

  • イングリッシュ・ブレックファスト
  • アイリッシュ・ブレックファス
  • スコティッシュ・ブレックファスト
  • ウェルシュ・ブレックファスト

これらを総称としてフル・ブレックファストと呼んでいます。

イギリスの地域それぞれにの伝統的な朝食の特徴があります。
そのため、食材や調理法は地域の特色がでます。

 

フル・ブレックファストはボリュームたっぷりで、卵料理にポテトや肉類などいろいろなモノをワンプレートに乗せて提供されます。

内容はアメリカン・ブレックファストと似ていますが、焼トマトやマッシュルーム炒めといったイギリス料理が乗るのが特徴と言えます。

 

主食

  • バタートースト
  • トースト

ジャムを塗ったり、マーマイトを塗ったりする。

 

マーマイト

マーマイトとはビールの醸造過程で最終的にできる酵母の塊

粘度の高い半液体状で栄養価は高い。

 

うまみはあるが、くっさくてしょっぱい、苦味もあるので美味しくはない。

やはり故郷の味なのだろう。

僕は何度かチャレンジしたがやっぱり無理だった。

 

イングリッシュマフィン

イングリッシュ・マフィンは厚さ2~3センチメートルほどの円形のパンで柔らかな触感です。

表面にはトウモロコシの粉がまぶしてあるのが特徴で、焼くと香ばしい香りがします。

 

真ん中から半分に切って、トーストしたものに食材をはさんで食べたりします。

 

ブルーベリーマフィン

アメリカンマフィンやマフィンと呼ばれるものとは、全くの別物。

これらはとっても甘くて、薄力粉で作られています。

日本人的にはカップケーキをイメージするものですね。

おやつです!

 

 

ポリッジ

ポリッジはお粥を意味するのだが、米ではなくオーツ麦を粥状にしたもの。

水や牛乳、豆乳などで煮込む

イギリスの伝統的な定番メニュー、朝食のソーセージやベーコンの塩気と相性がいい。

 

僕はオートミールをよく食べたが、オートミールの香りや食感が嫌いな日本人も割と多いと思う。

 

肉料理

  • ベーコン
  • ハム
  • ハーブソーセージ
  • ブラックプディング

などレストランやホテルによって違いはあるが、こんな感じで一皿に乗っかるのだ。

 

ブラックプディング

ブラックプディングは日本人には完全になじみのない名前である。

一応ソーセージの仲間のひとつであるが、ヨーロッパでは各地で見られるブラッドソーセージと呼ばれる種類のひとつ

 

豚さんの血液まで無駄なく使うソーセージ。

イギリスの伝統的な料理のひとつで栄養価は高い。

 

血液が使われているので、ミネラル、ビタミンが豊富、鉄分が多めなのだ。

スライスして焼いてお皿に乗っかる。

 

主な材料

  • 豚の血
  • 脂身
  • オートミールなどの穀物
  • スパイス(にんにくやハーブ)
  • 豚の腸

 

血液を入れるのでどうしても水分が多いので、穀物を入れてつなぎとする。
水分を穀物に吸わせるのだろう。

血液や内臓などが原材料なのでニオイをごまかすために、ハーブなどの香辛料が使われる。

 

 

野菜料理

火を通した野菜料理がお皿に乗っかります。

何が乗るかはレストランやホテルで違ってくる。

 

ベイクドビーンズ

ベイクドビーンズ

フル・イングリッシュ・ブレックファストでは欠かせないと言われる一品

白いんげん豆をトマトソースと砂糖で煮込んだ料理

味付けも地域で違いがある。

 

グリルドトマト

生のスライストマトが出ることもあるけど、焼いたトマトが添えられる。

焼いた方が美味しいと僕は思う。

旨みを感じられる。

 

マッシュルームソテー

炒めたマッシュルーム。

ヨーロッパでは一般的なキノコはマッシュルームです。

スーパーに行けばすぐ見つかるし結構安い。

 

ポテト料理

ヨーロッパ圏ではパンが主食だが、ポテトも主食と言ってもいいくらい登場するし、伝統的な料理も多くかなり食べられている。

もちろん朝食でも当たり前の存在。

 

ハッシュブラウンズ

マックなどでお馴染みのアイツである。

和製英語でいうハッシュドポテト

 

千切りにしたジャガイモに塩コショウして、小麦粉を繋ぎにして小判型や俵型など形を作ったもの。

これをフライパンなどで揚げ焼きする定番のお料理。

 

ポテトケーキ

英国のソウルフードといえなくもない。

名前はケーキだけど甘いおやつではない。

ジャガイモのパンケーキみたいなイメージでいいだろう。

 

最もシンプルなもの

  1. 茹でたジャガイモをつぶしマッシュにする、またはすりおろしジャガイモを用意
  2. バター、塩コショウなどの味付けをする
  3. 小麦粉と混ぜ合わせこねる
  4. ロール瓶などで1センチくらいのシート状にする
  5. コップでくりぬく
  6. こいつをオーブンまたはフライパンで焼く。

基本のポテトケーキが完成する。

ご家庭や地域で玉ねぎ、ベーコンが入るなどさまざま。

 

 

バブルアンドスクイーク

イギリスにおけるスーパー家庭料理です。

ディナーの際の残り物を混ぜ合わせて作るポテト料理です。

大量に残ったマッシュポテトなどに、茹でたキャベツや玉ねぎなどを混ぜ込んで作るポテトのパンケーキみたいな感じのモノです。

バターでしっかりと炒めて作る。

 

具材は余りものなのでその時によって異なる。

もちろん、お店で出る場合には残り物ではないと思われる。

 

Bubble & squeakの名前の由来

バブルはお湯を沸かした時の泡、スクイークはネズミの鳴き声・・・

油で炒めるときの音がネズミの鳴き声のよう?らしい。

 

 

ビュッフェスタイル

ブレックファスト・ビュッフェと呼ばれるもので食べ放題ですね。

好きなものを好きなだけ食べる。

日本人が言うバイキングというスタイル。

でも和製英語なのでバイキングが海外で通じることはない

 

高級なホテルだと品数も半端なく、シェフがフライパンの前に立っており、タマゴ料理を注文することができたりする。

 

 

まとめ

ブレックファストは大きく分ければ3種類程度ですが、内容は大きくことなってきます。

自分の好みの朝食をチョイスしましょう。

場合によっては朝食を無しにして、外で食べたほうが良い選択肢の時だってあります。

 

ちなみに

  • モーニング
  • モーニングサービス

これらは日本ではカフェなどでの朝食を意味していますが、和製英語なので海外では通じません。

英語だと思って使わないようにしましょう。

 

-旅行の知恵

© 2021 35歳で勇者に転職