飛行機

スターフライヤーの機内食?美味しい和食でご満悦!【台湾行き】

飛行機の最大の楽しみと言えば機内食です。

スターフライヤーの国際線、名古屋から台北行きを利用しました。

 

機内食だけの記事などいらないかと思いましたが、僕はけっこう楽しみにしている方なので知りたい人もいるのでは?

2度乗ったので4回分の機内食をお伝えします。

 

スターフライヤー1回目 行き

スターフライヤーの機内食は小さなお弁当タイプに、お茶、和菓子が付いております。

とても軽いプラスチック容器に入れてあるようです。

美しい

おかず
豚、鳥、魚となかなかしっかりとした献立である。

  • 豚肉の唐揚げに黒酢あんかけ
  • 秋刀魚の蒲焼き
  • 若鶏葱塩焼き

 

お野菜

  • ブロッコリー
  • ニンジン
  • きぬさや
  • 銀杏

野菜が控えめに乗せられております。

シソごはんが色鮮やかでほんのり香ります。

八女茶のパックがついてますが、温かいお茶も機内で提供されます。

 

名古屋名物

ういろもなか(桜)が付いていました。

もなかの上にあんこを乗せて、桜風味のういろをのせて挟みます。

名古屋名物のひとつ「大須ういろ」である。

 

1回目 帰り

帰りの機内食は台湾から乗せるので、台湾料理かと思っていましたが開けてみると和食です。

  • 鶏の照り焼き
  • 茹で海老
  • 季節野菜の炊き合わせ
  • きのこ御飯

さんざん台湾で遊んで疲れた体にはありがたい。
とてもおなかに優しそうな献立です。

油っぽさはありません。

謎の生菓子

中はこしあんの練り物です。

台湾デザートみたいに感じましたが和菓子と思われる。

 

メニュー

 

真っ赤な紙に書かれていてちょっと見にくい。

なんかの御札のようだ。

往復のメニューが書かれているので、帰りの便の機内食までわかってしまう。

ちなみに裏面には北九州から台北便が書いてある。

 

2回目 行きの機内食

お茶ではなく大きなお水と弁当、どら焼き的なやつ

7月ということもあり、メニューは涼しそうな青色になりました。

 

夏場でもたべやすいように、あっさりとしたお弁当です。

栄養バランスもよさそうです。
味もなかなか美味しいです。

  • 甘酢のチキン南蛮
  • 季節野菜野菜の煮物
  • ブロッコリー

今回もやはり和食です。
白いのはタルタルです。


おかず

  • 丸がんも煮
  • ひじき玉子焼き
  • はじかみ
  • 青菜(高菜?)

梅ご飯とてもさわやかです。
決して酸っぱいことはありません。

おやつ

おやつは名古屋ではよく知れている老舗和菓子屋である
両口屋是清の「千なり」です。

 

いわゆるどら焼きです。

表面に豊臣秀吉の馬印が焼き付けてあり、紋様は「千なりひょうたん」です。

名前の由来となっているようです。

ちなみに抹茶あんでした。
ふっくら美味しく、緑茶と相性抜群でした。

 

2回目 帰りの機内食

今回はちょっと台湾寄りのお弁当になりました。

  • 牛肉の時雨煮
  • 野菜の煮物
  • 厚揚げの煮物
  • ゆで卵

「生姜きざみ揚げご飯」混ぜご飯的なものですが、結構おいしくて好きでした。

おかずも強すぎない味付けで満足感があります。

残すことなくいただけました。

おやつ

台湾のラズベリーケーキです。

これと言った特徴は感じられませんでした。

コーヒーとは相性が良かったので、十分に楽しめました。

 

食後のコーヒー

機内食のあとには、コーヒーサービスがありますが、小さな板チョコが付いてきます。

これがとても美味しい。

チョコが付いてくることなんて、スターフライヤー以外に出会ったことがありません!

 

まとめ

スターフライヤーの機内食は和風のお弁当で統一されているようです!

見栄えも美しく、バランスが良いごはんとなっています。

 

今まで飛行機には結構乗りましたが、機内食としてはかなり良いと思います。

また乗りたいと思わせるエアラインです。

 

また、量が多すぎないことはいいことです。

なぜなら、台湾には美味しいものがたくさんあります。

ここでしっかりと腹いっぱいになってしまうと、後ほど待っている小籠包やタピオカミルクティーなどに支障が出てしまいます。

 

-飛行機
-

© 2021 35歳で勇者に転職