飛行機

スターフライヤーで台北に行こう!機内をレビュー【セントレア発】

スターフライヤーの機体

とってもお値打ちな航空会社スターフライヤーを利用して台北に行ってきました。

気に入ったので2回利用させていただきました。

機内の様子をレビューしたいと思います。

 

レビュー内容

スターフライヤーを公式ホームページから予約して台北に行きました。

 

名古屋の中部国際空港(セントレア) ⇔ 台湾桃園国際空港(台北)

 

国際線は台北行きだけという限定的ではありますが、安いうえになかなかのサービスの良さが魅力的です。

 

搭乗口

スターフライヤーの機体

スターフライヤーは価格設定が安いせいだと思いますが、飛行機に乗り込む際には、空港のはじっこの搭乗口を利用することになります。

そこからバスに乗り換えて、飛行機の所に行きます。

そのため、地上から階段を使って搭乗します。

これはLCCなどと同じ方式ですね。

 

飛行機内

スラーフライヤーの飛行機はかなり好印象です。

白と黒を基調にした機体はカッコ良いですし、機内も白と黒でデザインされています。

機内は、左右に3列のシートで天井は意外と広く、手荷物入れも十分な大きさがありました。

 

荷物入れは大きくて当たり前?

海外の格安航空機を利用すると、荷物入れが小さくてめちゃくちゃ不便です。

少し乗るのが遅くなるとスペースがなくなり、荷物を足元に置くしか選択肢がなくなる時があります。

スターフライヤーはそんなことなさそうです。

 

シート

シートの足は華奢ですが、機体を軽くして、コストも削減する工夫なんだと思います。

乗る方には何ら変わりはありません。

むしろリュックやカバンを入れやすいし、広いので助かります。

床は絨毯です。

 

シートの幅は十分にあって快適です。

僕は176cmあるので小柄とは言えない体格ですが、全然狭くありません。

 

モニターとUSB

モニター

モニターの下にもUSBポートがあるのでこちらにスマホやタブレットをつないで、テーブルの上で楽しむ方が便利です。

 

電源が付いています。

PCなどを充電するのに便利なコンセントが座席の下にございます。

救命胴衣のすぐ横にありました。

座席の下をのぞき込みながら、ここに差し込むのはなかなか苦労しそうですが・・・・

 

USBポートと電源

乗る機体によっては、シートとシートの間付いているタイプもある。

その場合には電源だけでなくUSBポートまで付いている。

 

電源が多いことはありがたいことです。

最近はタブレットも持っている場合があるので、スマホとタブレット両方が同時に充電できちゃいますね。

 

その他の機能

シートはレザーになっていました。

フットレストやリクライニングなど、必要と思われる昨日はほとんどすべてついていると思います。

こんなに安いエアチケットなのにかなり快適です。

 

救命胴衣は座席の下

ちなみに座席の下に救命胴衣があります。

非常に分かりやすいので目につくと思います。

機内食

飛行機の楽しみのひとつは機内食です。

どうやら季節ごとに変化するようです。

2回乗りましたので、行き返り4回のお食事をご紹介

初回 行きの機内食

お弁当とお茶、おやつが付いております。

割りばしが付いているので、日本人的には食べやすくて助かります。

 

小さめのお弁当タイプです。

思ったよりもちゃんとしていて、とても美味しかったです。

量も多すぎないので、このあとの台湾グルメ旅行に差し支えありません。

ちゃんと考えてあるようです。

 

本日のメニュー

メニューを拡大

日本語と中国語が表記してありました。

  • 豚肉と唐揚げ黒酢あんかけ
  • 若鶏葱塩焼き
  • さんまの蒲焼き
  • 紫蘇ごはん
  • ういろもなか
  • 八女茶

内容も魅力的なものでした。
おやつとして名古屋名物の青柳ういろがついていました。

パリパリのモナカにういろ挟んで・・・

 

初回 帰りのメニュー

帰りの便の機内食

  • 鶏の照り焼き
  • きのこご飯
  • 季節野菜の炊き合わせ
  • 茹で海老
  • 生菓子

 

生菓子?

甘くて柔らかい、台湾なのか日本なのかどっちか良くわからない生菓子

でも甘すぎることなく美味しい。

 

2回目 行きの機内食

スターフライヤー意外と良かったので再び利用してしまいました。

  • ぶり照り焼き
  • ひじき玉子焼き
  • 丸がんも煮
  • 梅ご飯
  • チキン南蛮
  • 季節の野菜
  • 千なり 抹茶あん

和風弁当ですが、スターフライヤーは機内食がなかなか美味しいです。

ぶり照り焼きとチキン南蛮・・ちょっと似ている気がするが。

 

2回目 帰りの機内食

 

  • 生姜きざみ揚げご飯
  • 牛肉の時雨煮
  • 厚揚げの煮物
  • 野菜の炊き合わせ
  • ゆで卵
  • ラズベリーケーキ

 

メニューの裏側

機内食のメニュー表には行きと帰りのメニューが表記されていますが、裏面には北九州発のメニューが載っています。

 

なるほど、北九州便だとメニューもちょっと違うんだな。

と知ることができる。

退屈しのぎにちょうど良い。

乗ってわかってことは行きも帰りも和食である。

 

ドリンクサービス

飛行機内でのお酒を楽しみにしている人もたくさんいるのではないでしょうか?

ビールだけのようですが、すぐに到着しますし十分でしょう。

ちなみにビールがタダで飲めるのは国際線だけ!

国内線はおつまみ付きで500円です。

 

食後のコーヒー

食後のコーヒーサービスがありました。

タリーズのコーヒーでした悪くない味ですが、特筆するほどではないと思っていました。

しかし、チョコレートがついているのが注目ポイントでした。

 

チョコレート付き

このチョコレートが思った以上に美味しく、コーヒーとの組み合わせが最高でした。

ベネズエラ産のカカオがめっちゃいい香りがする。

なんてずるいんだ。こんなうまいもの添えやがって。

 

エンターテインメント

飛行機のモニターではだいたい映画などを見ることができます。

スターフライヤーのモニターをいじりまくってみました。

映画は楽しみの一つですが、スターフライヤーは飛行時間も短いせいか中身はしょぼいです。

もっといろいろな映画などをいれて欲しいですね。

入国カード

入国の際に記入する紙を機内で配られますが、モニターを触っていたらこんな画面もありました。

書き方が書いてあるので非常に助かります。

ちなみに最近は入国審査はどんどんハイテク化して、この用紙をかかないこともあると思います。

ウェブカメラに顔をうつして、パスポートをスキャナーに通すだけの場合もあるでしょう。

 

まとめ

スターフライヤーで名古屋から台北へ旅行してみました。

スターフライヤーはLCC並みの価格でありながらサービスはしっかりしています。

シートも狭いとかそんなこともありません。

食事も往復で和食が出ます。

味付けが濃すぎるということもありません。

機内は非常にきれいで次も使いたいと思える航空会社です。

 

今のところ残念なのは航路が非常に少ないことです。

これからどんどん成長して広がっていくのが楽しみです。

 

ちなみにスターフライヤーを利用の際にはアプリが便利です。

STARFLYER

STARFLYER
開発元:STARFLYER INC.
無料
posted withアプリーチ

-飛行機
-

© 2021 35歳で勇者に転職