食べ物

探せ!伝統の食べ物”タホ”!日本人にはおなじみの白いヤツだった!

なぞとき

海外に行けば必ず現地に伝わる伝統的な食べ物があるものです。

今回はフィリピンの伝統的なスイーツ

「タホ」

に挑戦してみました。
かなり有名な食べ物なのですが、専門店があるわけでもなく、いつでも食べられるものではないらしい。

日本でいうお祭りのときの食べ物のようなものだろうか?

今回運よく食べることができた。

 

タホの情報入る

当初、我々は名前すら知らず「白いヤツ」と呼び、情報を集めました。

しかし、ある日他の生徒から情報を得ることができました。

白いヤツの名前は「タホ」

タガログ語らしい。

どうやら朝早く教会の当たりに行くと、バケツを持った人が売っているらしい。

しかもそいつは

タホータホー

と言ってアピールしているというのだ。
なんとわかりやすいのだろう。

さらにこのときタホはスイーツであることを知る。

 

早起きして探した

白いヤツをなんとしてもとらえなければ。
その思いから、休みの日に早起きをしてみた。

しかも、情報によればかなり朝早いらしく、頑張ってAM6時過ぎに出発した。

朝食ぬき(T_T)
腹減ったなあ

空腹を感じながらみんなで教会へ向かい、探してみた。

情報が曖昧過ぎて、何を探したら良いかわからなかった。

そもそもタホってなんなの・・・。

 

発見か?

おお!? なんかいる。

なんかバケツ2個持ったおじさんが見えた!
発見!やつに違いない!

急速接近!おまえか!!白いヤツ

さっそく買いました。

なにかもわからずに。
まずはタピオカをコロコロっとカップに入れてくれました。

 

たほ1

そして・・・


おお?ババロアか?プリンかもしれん。

 

たほ2
これを入れて
黒いシロップをかける。

たほ3

カップにストローをさしてもらったのでさっそく。

 

タホ いただきます!

むむむぅ・・・タホってあったかあーい。

あれ?
この味知っている気がする。

タホってできたての豆腐じゃないですかー。

 

そう、タホは早朝に作られた温かいお豆腐です。

タピオカと豆腐にソースは黒蜜。

もう和スイーツとしか思えぬ。

いやー豆腐って甘いソースとか合うんですね。
日本で売ってもいけちゃう味。

すごく美味しい。
いくらでも食べられそうだ。

空腹のおなかにとても染み渡った。
また食べたい。

 

まとめ

出来立てで鮮度が命のタホ。

生ぬるいしお豆腐なので、熱帯のフィリピンでは早朝に売られる理由がわかった気がします。

早起きしないと売っていないけど、その価値はある。

豆腐なので胃もたれなど絶対にない。
確実におすすめできるスイーツだ。

 

追伸・・・多くの日本人へ

この国のストローは極限まで薄い。
吸ったらきしめんみたいにつぶれてしまうのだ。

よくかき混ぜ、ゆっくり吸いなさい。
慌ててはいけない。

もちろんビニールコップも極限まで薄い。
気を付けて持つこと。
握りつぶしてしまう。

いや、誇張でも冗談でもなく、優しく持ってゆっくり吸うのです。

-食べ物
-

© 2021 35歳で勇者に転職