ホテル

大阪のアローホテルに泊まったので体験レビュー

アローホテルはたくさんある大阪のホテルの中でも、かなり安いほうになると思います。
ですが、安いからと言ってダメなホテルとは限りません。

大阪に遊びに行く予定があったので、アローホテルを予約してみました。
意外と良いホテルだったのでその魅力をお伝えしたいと思います。

 

立地が良い

場所的にはアメリカ村周辺なので、心斎橋も近くて便利な立地となっております。

ざわざわした場所ですが、ホテルの中は静かなので問題はないと思います。
隣はニトリになっており、でかい看板が付いているのでニトリを見つけるとアローホテルを見つけることが可能です。

今や大阪のシンボルともいえる、グリコの看板まで歩いて簡単にいくことができます。

 

アクセス

  • 地下鉄御堂筋線・心斎橋駅7番出口から徒歩4分
  • 四ツ橋線・四ツ橋駅3番出口から徒歩5分
  • 難波駅・・・25番出口から徒歩6分

 

コンビニが近い

すぐ近くにコンビニがあるため、非常に便利です。
ファミリーマートなら1、2分程度で到着するはずです。

水や食料の買い出しは簡単です。

 

なんでも揃うドンキ

旅行に行くと感じることはドン・キホーテの便利さです。

ドンキに行けばほとんどのモノが手に入るため、忘れ物をしても大丈夫です。
また、薬局やコンビニでは扱っていないものがあること

遅くまでやっているため、ドン・キホーテが近いことはメリットです。

アローホテルからは350m、歩いて5分ほどで到着です。
大通りを渡る必要がないので、信号待ちもありません。

 

チェックイン 14:00

アローホテルの高評価のポイントはチェックインが一般的なホテルの15時より早い。
14時からチェックインができます。

となっていますが、予約するときの画面では12:00からチェックインになっています。
私は13時にチェックインできました。
最高です。

旅行者としては、一刻も早く荷物を置くことができれば非常に身軽になります。
また、夏場など死ぬほど暑く、本当に1、2時間は差が大きく感じます。

 

チェックアウト 12:00

大阪に観光に来ると気が付きますが、夜は遅くまで営業していますが、ほとんどのお店が朝が遅くて困ります。

多くが11時くらいがオープンなので、もし10時チェックアウトのホテルに泊まると、シャッターの降りた商店街を歩くことになります。

そのため、自動的にチェーン店のカフェに入って時間の調整をすることになります。

 

アローホテルは12時チェックアウトです。
これはかなりの高評価と言えます。

大阪では夜遅くまで遊び、朝はゆっくりしてください。

 

アローホテルの建物

お掃除の時間に写真を撮ってしまいました。
建物は少し古めかしい感じです。

ですが汚いといったことはありません。
歴史を感じるだけです。

 

お部屋

今回、ダブルのお部屋を予約しました。

特に広いといった特徴はありませんが、広さは良くあるビジネスホテルのサイズです。
案外キレイです。
ちゃんと小型冷蔵庫もあるので不便はありません。

ティファールの電気ポットがあるのでお湯も使えます。
コップは湯飲みが2つあります。

お部屋は満足なレベルと言えます。

コンセントは足元

コンセントがちょっと枕元から遠いので、スマホの充電するときにはケーブルが短いと不便です。
寝ながら使うのは諦めましょう。

あとは机の上にはコンセントがあります。

エアコンはちゃんと効きます。
心配いりません。

 

ハンガー2個

お部屋にハンガーが2個あります。
口コミではもっと欲しいという声があります。

確かにもう2個あると便利です。

ドアはシリンダー錠ですが、鍵を持たずに出たらダメです。
オートロックなのでちゃんと閉まります。

 

お風呂

水回りは口コミで最も叩かれる場所です。
ほとんどが清潔さに対して文句を言われますが、口コミであった通り、お風呂場はめちゃくちゃ綺麗です。

改装してあるようで、ごっそり新しくなっています。
もちろん文句など全くない。

もちろんバスタブあり。

 

シャワーの位置が調節できる

日本のこういうところが好きです。
シャワーの固定位置が変えることができる。

伸長が低い人も高い人も使いやすい。
大したことないようですが重要です。

温度調整は簡単

古いホテル、海外のホテルに泊まると、お湯と水を自分で割って調整する必要があります。
僕はあのタイプが嫌いです。

これならずっと同じ温度で湯量も調整できます。

シャンプー、コンディショナー、ボディソープが配備されていました。
スポンジもちゃんとありました。

何も持ってこなくて大丈夫です。

 

ウォシュレット

最近はどこでもトイレにはついていると思いますが、人によっては最重要と考えるかもしれません。

省スペース用の設計のかちょっと便座が小さくて使いにくい。
まあ、気にしなければいい程度ですが。

 

 

朝食は魅力的

盛り付けが下手ですいません。
魅力を引き出せていませんが・・・

今だけ朝食無料プランを選択しました。
通常のお泊りに700円プラスで朝食をつけられますが、いつも予約サイトではどれも朝食無料になっています。

僕はホテル選びで朝食を重要視しています。

ここの朝食はちゃんと手作りしていて、けっこう美味しいのでおススメです。
強面のシェフがちゃんと見張っていて、なくなるとどんどんでてきます。

 

サラダコーナー

サラダ、卵、ハムなど用意されています。

あげ春巻き、ウインナー

  • 手作りハンバーグ、
  • 手作り照り焼きチキン

ハンバーグもチキンも手作りのモノはやっぱり美味しいです。

 

ごはんとみそ汁

ごはんと漬物、キムチやみそ汁
コーンスープもありました。

 

 

 

パン&サンドイッチ

サンドイッチちゃんと手作り、マスタードをほんのり塗ってあった。
しっとりと柔らか、ほいほい口に入っていった。

 

ドリンク

写真のタイミングが悪かったのですが、

  • トマトジュース
  • ミルク
  • オレンジジュース
  • ウーロン茶

 

デザートコーナー

みかんゼリーもコーヒーゼリーもマフィンも手作り!
どれも美味しいです。

朝食をシリアルにしたい人にも対応です。

フルーツ

  • バナナ
  • グレープフルーツ
  • オレンジ
  • パイナップル

 

朝食のポイント

朝食は7:00~10時半です。

僕が思う勝手な所見ですが、どの国でも欧米人は早めに朝食に来ます。
そのため、7時過ぎには朝食に向かうといいかもしれません。

中国人などアジア人は朝食に遅めにくる感じがします。

中国の人はかなり食べる方です。
また、国民性なのか一度に皿に山盛り乗せる姿を見るかもしれません。

そのため、いろいろ欠品する可能性があるでしょう。

朝食は早めに済ませるのが気持ちいい。
そのあとの大阪グルメが入らなくなりますし。

 

まとめ

アローホテルは少々分かりにくいことや建物の古さはありますが、立地の良さやお値段の安さ、朝食の美味しさなどを考えるとかなり良いホテルです。

特に水回りの新しさは清潔感を感じられて高評価ポイントでしょう。

お部屋ほうも静かなのでよく眠れると思います。

美味しい朝ごはんを食べて、ゆっくりしてから大阪観光を楽しんでください。

-ホテル

© 2021 35歳で勇者に転職