食べ物

世界中だと思ってた!フィリピンでケンタッキーに行ってみた

ケンタッキーは言わずと知れたアメリカのフランチャイズです。

世界中にお店があるので、食べようと思ったらどの国でも食べることができます。

フィリピンでも例外なく店舗を見つけることができました。

 

実は、フィリピン人はチキンが大好き

あまり知られていないがフィリピン人は米とチキンがすごく好き。

そのためフィリピンでもKFCは非常に人気があるが、フィリピンオリジナルのファストフード店であるジョリビーにはかなわない。

もしかしたら理由があるかもしれません

食べてみることにした。

 

メニューが全く違う

健太1レジの上に張り付けてあるメニューを見てみるとわかるが、日本で見るものと全く違う。

どれもなかなかに不健康そうですね。

 

  • ダブルダウンドッグセット:129ペソ
  • ダブルダウンコンボセット:165ペソ
  • チキンセットごはん付き :250ペソ

食べたいような食べたくないような冒険メニューが多数あります。

もちろん、お値段は現地に合わせたお安い価格。

当時1ペソは2.5円くらいでした。

  • 129ペソ:322円
  • 165ペソ:412円
  • 250ペソ:625円

日本人にはセットとは思えぬ値段ですが、ちょっと現地人にはお高いですね。

このあたりがジョリビーに負けちゃう理由でしょう。

 

斬新なメニューたち

ダブルダウンドッグ?

チキンでソーセージ挟んでホットドッグにしちゃう。

日本では絶対に商品化されないアイデアですね。

 

ダブルダウンコンボ

パティの代わりにチキンにしちゃう!ハンバーガー

チーズにベーコンまで挟まっている。

 

・・・僕の発想力なんて大したものじゃないな自覚してしまいますね。

ツッコミが止まらなくなる。新たな発見がある。

だから世界は面白い。

 

フィリピン人に人気メニュー

けんた2

もう、それ唐揚げ弁当でしょ?と思ってしまうライナップです。

一応いろんな国をイメージしたコラボ商品となっているようです。

チキン食ってごはん食べてコーラ飲んだら、そう、おなかいっぱいですよ。

 

上記のメニューははっきり言って高いです。

お金持ち系フィリピン人が頼んだりします。

フィリピン人はごはんが大好きなので、当然ごはん系のメニューが存在します。

 

また、庶民の味方。コスパも非常に良くなっております。

90ペソ=225円(1P=2.5yen)

 

 

このメニューを見れば

糖尿病になる人が間違いなく多いと簡単に予想できます。

 

残念なお知らせ

みんながなぜケンタッキーに行くのかと言えば、やはりあの味。

ケンタッキーといえば、あの独特な味のスパイス。

味、香り、ジューシーさ。

そういう部分がケンタッキーフライドチキンです。

 

守られて・・いないレシピ

フィリピンの物価の安さを逆手に

オリジナルチキンを食べまくってやろう

と思っていました。

 

非常に残念です。

フィリピンのケンタッキーはただのからあげです。

あのスパイスはどこにもいません。

 

チキンも違う!

日本だとCMでよく聞く、国産ハーブ鳥使用。

日本だけなんでしょうか?

 

食べた感じでは・・・まちがいなく違います。

この国のチキンは身が少なくて筋肉質なのでけっこう硬い。

頑張らないと食べれない。

 

まとめ

ケンタッキーはケンタッキーではない。

みんなが知っているのばKFCという文字だけ。

いつものスパイスを使えばジョリビーにも勝てるのに・・・

 

「KFCはフィリピンではまったく違う店であること」をお伝えしておきます。

 

ですが!

斬新なメニューラインナップやフィリピン人に合わせた味付けなど、これはこれで美味しいので行ってみる価値はあります。

観光として訪れるなら★5つです。

-食べ物

© 2021 35歳で勇者に転職