文化

フィリピンのお金を知ろう!中には必要のないコインもある

フィリピンのお金、ペソについて知っておきましょう。
僕は現地に行くまで見たことはなかったので、どんなお金か知りませんでした。
知ったから得はしませんけど、基礎知識ということで紹介

 

紙幣

 

1000ペソ、500ペソ、100ペソ、50ペソ、20ペソ
フィリピンで生活すると最もよく使うのは紙幣です。
日本と同じように旧札(前デザイン)と新札(新デザイン)があります。
お金の価値である為替レートは変動するので何とも言えませんが

1ペソ2.2~2.6円くらいで変動しているので
100ペソ=220~260円くらいだと思ってもらえばいいでしょう。
実際に生活してかなり使うのは100ペソ~20ペソあたりです。

 

お札のニオイ

基本的にはニオイをかぐと臭いです。汚れから臭うんじゃないでしょうか。
女性は特にキライな匂いがするのか、みんな臭いと言います。
男は気にしないからなのか。

僕は、臭い時とインクのニオイじゃ?と思う時があるのでわかりません。
少なくともいいニオイはしない。

気になる人はフィリピン用にお財布は用意しましょう。

 

大きさ

千円より横幅が広く、縦が短い。
お財布に入らないとかないので大丈夫
一応透かしもある。ちゃんとしてますね。

 

 

コイン ペソ

コインは種類が結構あります。
見にくいですが、10ペソ、5ペソ、1ペソです。
フィリピンの一般的な移動手段である、トライシクルやジプニーでよく使います。

トライシクル


バイクのサイドカーにのるタクシーで4人くらい乗れちゃう。

サイドカー3人、バイクのおっちゃんの後ろに1人。

20ペソ前後を払うことが多いのでお世話になります。

 

ジプニー


アメリカ軍が置いていった軍用ジープ、マックス15人くらい乗れる。
市バスみたいなものです。

8ペソくらいから距離によって値段が変わる。
いつまでたっても値段の変化がわかりませんでした。

安いのでかなりお世話になります。
車内でのスリに注意しましょう。

 

大きさ

5ペソ、10ペソはほぼ同じ大きさ、そのため日が落ちるとライトがないと区別できない。

日本の500円と分厚さ、サイズともにそっくりなので財布を一緒にすると間違えるだろう。

小銭のくせに500円と同じ重さになるので、何枚もあるとかなり重くかさばる。
小銭入れをおススメする。

 

コイン センティモ

問題のコインであるSentimo
25、10、5がある。

 

センティモあってもなくても良い説

実際にはあまり使えない、僕の嫌いなコインである。

例えば、買い物に行って支払額が

12.10Peso

12ペソ10センティモである。
・・・が小銭を持っていないとき13ペソ払う。
90センティモ返ってくる。当然である。

しかし、レジに小銭がないときはお釣りはない。
小銭が用意していないことは当たり前なのだ。
大型スーパーは何とか払ってくれるが、小さな商店になるほどお釣りはない。

逆に12ペソでも大丈夫、10センティモ払わなくても支払いは終わる。
ゆえに払う機会が少なく、財布にたまっていくコイン。
小さいけど。

じゃま・・・

物乞いの子供に渡しても納得してもらえないコイン。
無くてもいいんじゃないでしょうか?

 

おすすめするなら

こんなもんでいいと思います。
盗まれてもよい安さ、帰国の際には中身ごと先生にあげる。という流れです。

-文化
-,

© 2021 35歳で勇者に転職