旅行の知識

留学の際に健康の維持に重要なもの!ふりかけをおすすめする理由

ふりかけ、それは日本ではとっても普通の存在。

僕はフィリピンに留学することによってふりかけの重要性と価値を知ることができました。

ふりかけはただ美味しいだけではなく、私たち陰から支えるものでした。

 

健康と食事は繋がっている

留学において健康は非常に重要です。

  • 体調を管理すること
  • 勉強の進捗度合い
  • 集中力の維持
  • 遊ぶ時の体力

健康がこれらのことに大きく左右し、勉強の効率を良くして無駄をなくします。

病気になって辛い思いもしなくて済みます。

 

留学をして生活すると様々なことに気づき、知ることができる。
その一つが食です。

人間は食事によって健康がかなり左右されます。

しっかりとごはんを食べないと肉体的にも精神的にも健康でいることができません。

その中で主食であるコメはちゃんと食べないと力が出ないのである。

 

海外のお米事情

私たちが日々食べているごはん。お米ですが、世界中にさまざまな品種が存在します。

アジアで最も端っこに済む私たち日本人は、アジア圏の中でも粘り気の強いもっちりした品種を好む傾向にあります。

ですが、東南アジアに向かっていくほど米はパラパラとした細長い品種へと変わっていきます。

米の品種が違うと炊き方すら変わってくるので、味が大きく変化していきます。

 

ごはんが美味しくない

ごはんについてはアジアもヨーロッパにいったとしても、味や香り、ご飯の炊き方などの理由から、米については日本が一番おいしいと感じるだろう。

 

僕はフィリピンに留学した際にも思った。

非常にごはんが不味い

ごはんについては予想はしてたが、僕の想像より少し上を行った。

 

米の品種や品質もさることながら、米を炊く人間の国民性も味にものすごくでてしまう。

時にはパサパサ、ときにはベチャベチャ。

水かげんはなかなかへたくそである。

 

間違いなく多くの日本人がごはんが進まなくなるだろう。

しかし、主食のコメを食べないわけにはいかない。

 

救世主 ふりかけ

日本には「ふりかけ」という文化がある。

非常に素晴らしく僕は不味いごはんに対抗することができた。

健康を支えるひとつの重要なものだったと確信しています。

 

アジアのような地域で暮らしたものからするとこれの価値を改めて知る。

 

どんなときでも旨い

ふりかけの力をもってすれば、ごはんの出来は問題ではありません。

ぱさぱさだろうが、ベチャベチャであろうと、ふりかけをかけたとたんうまさは保証付きです。

 

日本のふりかけのすごさはその旨み!!

カツオだったりタラコだったりと種類は様々ですが、どれも確実に美味しくできており、かければ途端にご飯が進みます。

期待を裏切らない、それがふりかけ・・・

 

香りがいい

海外で暮らすと不思議なことにダシが恋しくなるのです。

よくルームメイトと夢見たものです。

そばのつゆを、がぶ飲みしたい。

ふりかけはかつお節やゴマ、ノリの香りがとても良く、米のヌカ臭さをわからなくしてくれます。

かけた途端に急に華やかな美味しいごはんが出来上がります。

いやー魔法の粉です。

 

保存がきく

フィリピンのビーチ

熱帯雨林のフィリピンなんかに留学することになれば当然、気温は高いです。

食べ物は常温ですぐに腐ります。

しかし、ふりかけは常温で大丈夫。

しかも最近の製品はちゃんとチャックがあるので湿気ることもありません。
美味しいまま。

 

 

種類が豊富

自分の好みの味を選んで持ってくるといいでしょう。
何種類かあれば日替わりにできます。

人間はおいしいものでも同じ味が続くと飽きてしまいます。

贅沢な生き物である。

 

長く使える

ふりかけは、ごはんに大量にかけてなくなるものではないので長持ちします。

毎日のごはんに使えて長く楽しめるのがとても良い。

 

軽い

留学の際の荷物は旅行とは違って当然量が多い!

あれもこれも入れたい。しかし、重量が心配。

そんなとき、ふりかけなら何袋バッグにいれてもかさばらない。

めちゃ軽い。

 

自分用に、ルームメイトのお土産に!

こんなものが?と思うだろうけど、死ぬほど喜ばれます。

 

 

入手困難!

こんな便利なふりかけですが、一歩海外にでればなかなか出会うことはない。

ふりかけという存在はさほど重要視されていないから店頭に置かないのだ。

ようやく見つけたとしても割に合わない価格だったりします。

 

日本で買ってから留学するべきだと思うし、必ず持って行って欲しいと思います。

僕は日本でふりかけをほとんど使わないタイプでしたが、一応小袋を持って行きました。

ふりかけを貰い使ったときに、びっくりしたのを覚えています。

 

 

留学生活、ふりかけランキング

僕の勝手ではありますが、ランキング形式にしてみました。

好みもあるとは思うんですが、他の人たちともふりかけ話をして

やはり、行きつくふりかけがあります。

 

たらこ

 

たらこ味は海外で口にすることは難しいし、これに近い味がない。

味の強さがあるため、まずいごはんだってこれかけたら、ガツガツ行けちゃう。

このしょっぱさが欲しかったんです!となる。

 

フィリピンの料理とか無駄に甘いけど、基本的に塩味が足らないのですよ。

 

丸美屋 期間限定品 チップ入り のりたま&たらこ + チップinふりかけ3種類 4個セット
ノーブランド品

 

すきやき

2位はすき焼き味です。

日本だったらそんなに気にならなかったんですが、和食から離れると甘醤油の牛肉風味が異常に口に入れたいんです。

そして、完成度の高さ。すき焼き食べた気分になれる。

これを読んでも日本で暮らしている人に伝わらないだろうと思う。

 

 

L8-fl02-1 のりたま


やっぱり、ロングセラーだけあります。
味のおいしさ、カツオの香り、ノリの風味、食感ともにグッドです。

もう、味の説明とかいらないですよね。
のりたまです。

理由はわかりませんが貰ったときのうれしさがのりたまが一番です。
もう、ほんとにこれが食いたかった。

一番食べたかったふりかけ。

 

created by Rinker
のりたま
¥758 (2021/09/23 16:51:02時点 Amazon調べ-詳細)

 

まとめ

ふりかけについては、持っていくつもりがない人は多いだろう。
いらなくない?と。

僕は持っていきました。

大人のふりかけ小袋使い切りタイプ。

めちゃくちゃ完成度が高くて泣きそうになった。

 

だが、小袋にしたことは後悔した。

ふりかけなんか普段使わない。

好き嫌いがない僕がふりかけを使う。

ごはんを食べないと痩せます。
ちゃんと食べないと体調が悪くなる
病気になる。

ということは!
ふりかけを持っていけば病気ならない!

お守りよりふりかけをカバンにいれろ。

 

ちなみに熱帯地域に持って行く場合には半生タイプのふりかけはやめましょう。

痛みます。

 

また、食材の天敵としてアリさんについて理解しておいてもらった方が良いと思います。

 

-旅行の知識

© 2021 35歳で勇者に転職