旅行の知識

海外旅行に電波時計はおすすめしない理由

旅行の際にはほとんどの人が時計を持って行くと思います。

腕時計や目覚まし時計、カバンにつける小さな時計など。

お値段をあげればだいたいが電波時計になっております。

 

電波を受信して時計を勝手に合わせてくれるわけです。

常に正確な時間を教えてくれます。

 

 

海外旅行に電波時計はおすすめしない理由

実に便利な存在で日本の時計の場合、その半分以上が電波時計となっています。

ですが、海外旅行に持って行くという点では僕はおすすめしません。

電波時計は一日に数回、決められた時刻に自動的に電波を受信しています。

それによって時間を合わせています。

 

そのため時間の正確さは電波次第です。

電波時計は基地局から電波を受信して、正確な時間を刻んでいます。

逆にいえば基地局がないとその機能を活かすことができません。

 

 

基地局が少ない

日本では標準電波送信所が2カ所設置されています。

  • 福島県のおおたかどや山
  • 佐賀県のはがね山

電波は広範囲に届くのでたった2カ所の山の上から全国を網羅しているため、国内で不便は全く感じないでしょう。

海外でも電波を受信できるわけですが、その数は非常に少ないので驚きです。

  • ドイツ
  • アメリカ
  • 中国
  • イギリス
  • 日本(2カ所)

世界で6カ所だけ

さらに時計の機種によって中国は対応していないなど受信できる国の標準電波が違います。

 

広すぎるアメリカでは不都合

アメリカの基地局は国内の真ん中あたりコロラド州に設置されています。

基地局からの電波は半径3000キロに及ぶ。

  • アメリカ本土のほとんど
  • カナダ
  • 南米の一部

アメリカのような広すぎる国土を持つと東西で時差が発生する。

PM3時:サンフランシスコなど西海岸

PM6時:ニューヨークなど東海岸

西と東では国内で3時間の時差が発生するが、基地局は一つなので時計は同じ時間になる。

 

電波時計が正確とは言えないし、むしろ不都合が発生する。

 

中国と韓国も時差がある

中国の電波時計の基地局は河南省にあり、韓国や台湾、九州地方まで網羅している。

上海と韓国のソウルでも1時間の時差があるが、受信している電波は同じなのでどちらにいても同じ時間を指し示す。

 

電波がなければ普通の時計

電波の届かない地域では電波時計は普通の時計となってしまう。

時差がある地域ではむしろ電波時計の方が不便とも言える。

 

電波受信をオフにできる

腕時計などでは自動時刻修正機能をオフにするモードが付いている。

海外に行く際には説明書を見ておくとよいだろう。

 

オフにできない場合

目覚まし時計なんかはオフにするという親切な機能は付いていない。

それ故に持って行かない方がいい。

 

中途半端に受信することもある?

僕はフィリピンに行った際に電波時計の目覚まし時計を持って行きました。

普段、部屋で使っているものです。

説明書には・・・

日本国内で販売されている電波修正時計は原則として日本国内仕様になっています。
これらは日本以外で使用するときは、標準電波による自動時刻修正は行われませんので、精度は通常のクオーツ時計と同じになります。

フィリピンは日本からの距離はおよそ3000キロなので電波は届きません。

そのため、手動で時計合わせをして目覚まし時計として使うことにしました。

 

しかし、数時間後ふと見てみると時間が変しっかり日本の時間に戻っている。

どうやら中国か日本の電波を拾っているようです。

 

有効範囲は思ったより広い?

基地局からの有効範囲はおよそ1500キロとなっています。

しかしこれは確実に有効な範囲を記載しているだけのようで、実際には微弱ながらもその倍以上の距離まで届くようです。

 

おかげでフィリピンで使おうにも日本時間に戻るので使い物にならなかった。

さすが日本製・・こういうとき無駄に優秀!

 

 

電波時計は海外旅行には向いていない

このような結論に至りました。

僕の場合はGショックと目覚まし時計の両方が電波時計だったので、中途半端に受信して使い物にならず現地で時計を買う羽目になりました。

 

現地で買った時計

だいたい2000円くらいでしたが役に立ちました。

思い出の品です。

 

海外で使うことを考えたら電波時計はよくない!

現地時間に手動であわせる時計がいいと思う。

電車や飛行機など時間に左右されるものがあるときに正確に時間を把握できないのはやばい。

信頼性を考えると日本で用意したほうがいいに決まっている。

 

 

現時点で最も有効な対策

海外旅行先での時間は時差だけでなく、時期によって時間がずれるサマータイムなんかも存在する。

正確なその国での時間を知るにはスマートフォンが有効です。

 

現地でWi-Fiにアクセスしたり、現地のSIMカードを利用すればその国での正確な時間を表示してくれます。

さらに利便性を高めるために手動で時間を合わせられる腕時計や目覚まし時計を利用しましょう。

 

おすすめ腕時計

海外で高い時計は狙ってくださいと言っているようなもので、犯罪リスクが高まります。

腕時計は価格は低く抑えつつも、性能や信頼性は高くある必要があります。

壊れたり、時間がずれるなどもってのほか。

 

シチズンのQ&Qシリーズ

シチズンのチープ腕時計シリーズがQQです。

安くて軽いですが、中身は信頼のシチズンなので大丈夫です。

 

カシオ F-201WA-9AJF

デジタル表示のカシオの安い時計。
チープカシオなんて呼ばれるもの。
しかし、性能はすごい。

電波を受信しない!
旅のお供におすすめ

 

5つのアピールポイント

生活防水付き

水泳や海水浴はできませんが、シャワー浴びても大丈夫。
丸洗いでできます。
熱い国でも汗で壊れたりしない。

 

電池長持ち

電池はテスト表示用が入っているので2、3年で止まっちゃうけど
ちゃんと交換すると10年も交換不要。
自分で電池交換も難しくない。

 

アラームが5つ

目覚ましやフライト時間などアラームは意外と大切。
それが5つも設定できるなら十分でしょう。

 

バックライト付き

意外とLEDバックライトがついています。
でも、左下からあかりを照らすタイプね。
全面光らないよ。ごめんね。

 

安い

高機能なのにめちゃくちゃ安い。

そのため壊れても傷ついても、気にしなくていいし盗まれても構わない。

created by Rinker
CASIO STANDARD(カシオ スタンダード)
¥1,761 (2021/09/23 13:54:49時点 Amazon調べ-詳細)

 

目覚まし時計はカシオのトラベルクロックがおすすめ

-旅行の知識

© 2021 35歳で勇者に転職