食べ物

フィリピンで食べたい新鮮フルーツ!グロイフルーツ【Marang】

南国フィリピンではさまざまなフルーツを見つけることができます。
そのため私たち日本人が

  • 見たことのないフルーツ
  • 知ってるけど生で食べたことがないモノ
  • ニオイは嗅いだことあるな

このような果物に出会うことができます。
いくつかお伝えしたいと思います。

 

マコパ

フィリピンの一般的なフルーツ「マコパ」を友人から教えてもらいました。
南国に来たからには知らないフルーツを体験しなければ!

現地ではMakopaと呼ばれていますが、蓮霧(レンブ)というフトモモ科の果物です。
甘みが強くて、一度食べたらパクパクいけちゃう。
と言われています。

 

マコパの味

赤色がキレイで美味しそう!
このフルーツは皮ごと食べられるらしいです。

いただきます。

まこぱ

かじった画像ですいませんでした。

むぐぅーー・・・うむ、味がほとんどない。
甘くもない。
しゃりしゃりしてて梨みたいです。

ちょっと渋いし。

みずみずしそうに見えますが割と乾燥気味で軽いです。
台所のスポンジ食ってるみたいなので残してしまいました。すいません。

 

食べ時が肝心

後から知ったのですが、どうやら食べ時があるらしく、熟れ過ぎなのか早かったのか。
そのため美味しくないらしい。

また、傷みやすいので日本などへ出荷されることはないそうです。

まぁ今回はタイミングが悪かったのかもしれません。
美味しくなかった。

このフルーツは台湾などでも食べることができるのでぜひ挑戦してみてください。

 

ドラゴンフルーツ

今となってはメジャーな南国フルーツ「ドラゴンフルーツ」。
市場で簡単に見つけることができました。

このフルーツハワイではアサイーボウルみたいにして食べる「ピタヤボウル」にするらしいが。
でもそれは果肉が赤いものを使っている。

ドラゴンフルーツは中身が赤だったり、白だったりしますが、これは品種の違いによるものです。
熟したら赤になるとかではないそうです。

 

こいつは農薬をほとんど使わなくても育ってくれるらしく、名前に負けない強い植物と言えます。

果実は非常にカリウムが多く、高血圧の人には嬉しい果物です。
その他にもマグネシウム、食物繊維、葉酸・・・いっぱいある。

また、赤色のドラゴンフルーツは、ポリフェノールの一種であるアントシアニンがすごく多くて健康に良いらしい。

すげえフルーツだな。
南国の体調管理にいいってことですね。

 

ドラゴンフルーツを食べてみた

ドラゴン 大

日本でも見かけることができるので、食べたことがある人もいるかもしれません。
買ってきたので、早速部屋で割ってみました。

ん?白いですね。

検索してみましたが実は3色もあるらしい。

  • 黄色

チューリップみたいだ。
でもなかなかうまそうじゃないですか。やっぱり南国フルーツなんだから濃厚な甘さ?見た感じライチとか?に近いか?

 

いただきます!

・・・・味ない。まずっ!

え?こんなかんじ?

あれ?食べどきをあやまったのか・・・

調べてみましたが追熟するフルーツではないらしい。
ならばこの味でいいようだ。

ドラゴンフルーツはごっつい見た目とは反して、甘みも少なくあっさりした味わい。
濃厚な味を期待して食べると落胆してしまいます。

 

意外とサラダにしたりするとあっさりおいしいフルーツとのこと。

僕はあんまり好きじゃない。
っていうかうまくないからまた買う気にはならない。

赤色はうまいんだろうか・・・
野菜に近い気がするドラゴンフルーツ

 

日本ではやや高いので買って挑戦するほどでもないかもしれません。
しかし、南国フィリピンならお手軽価格で試せます。

見つけたらぜひ食べてみましょう。

 

マラング【Marang】

注:これはジャックフルーツです。

見た目はジャックフルーツそっくりの怪しい果物を食料品売り場で見つけたので買ってみました。
読み方はわからない。

外側はなんだか柔らかくてムニュっとしている。
マラングというらしい。
値札シールにはそう書いてある。

 

フィリピン人の先生たちに聞いてみたこれなに?おいしい?

知らない。初めて見た。

え!なぜ知らない。
他の先生はジャックフルーツだという。

しかし、インターネットに書いてあるジャックフルーツと中身も違うんですけど。

フィリピン人はすぐに知らないという。
興味のないことは全く知らないのがこの国の人。

ま、まあいい。食べたらわかる。

 

マラングを食べよう

P_20150303_215255せっかくなので多くの人にお披露目をして割ってみました。

キャーー(女子が少し奇声をあげる。)

ぎゃーーーー!(俺も)


ちょっと気持ち悪い。
エイ○アンの卵みたいで気持ち悪い。

割った瞬間のインパクトが強く、多くの人が引いてしまった。
おそらく白くて丸い部分が食べられるのだろう。

ムニュ・・・

すごく柔らかい。
が崩れてしまうほどではない。
とりあえずフルーツですから試食を。Marang いただきます。

 

 

お、おおおお、なんということでしょう!!
す、すごくおいしい ( ゚Д゚)

 

ブドウのような白い実を食べてみると、ぷにゅっとしてて甘い。
濃厚な甘さでライチのような感じ?もっと濃い。
ジューシーでうまみがある。

そして、なんだか止まらなくなる中毒性。
食べたくなるなる。

とても甘く忘れられない味。これは何科の植物なんだろう。

現地人も食べたことがないという。なぜ仕入れているんだろう。
誰が買うんだ?

 

後で調べたら日本には輸入禁止らしい。え、なんで?
この中毒性かなwww

現地でしか食べられない貴重なフルーツ

 

もし、見つけてチャレンジしたいというあなたに・・・

このマラングというフルーツとても気に入ったので、フィリピン滞在中に僕はこのあと3回ほど買いました。

どんな果物にも食べごろというものが存在します。
その時に食べないと本来の美味しさは味わうことができません。

しかし、食べごろ謝って失敗をしました。
熟れていないと味がありません。
しかもなかな割れない。

 

食べごろ

マラングの食べごろは、熟してくると周りの茶色い部分がかなり痛みます。

見た目が悪くなってきた頃「値下げしてくれ!」と思うくらいがちょうど良いでしょう。

触った感じは、実がくにゅくにゅして手で割れちゃうんじゃないか?というくらいになります。
正直、触感もやや気持ち悪いです。

 

しかし、味については後悔させません。
僕の中で、美味しいフィリピンフルーツの第2位にランクインしています。

中身はたくさんはいっているのでみんなでシェアして食べましょう。
味が濃いのでたくさん食べれないですね。

しかし、忘れられない思い出と味を手に入れられますよ。
あの味が恋しくてたまりません。

 

-食べ物
-

© 2021 35歳で勇者に転職